名前空間
変種
操作

std::codecvt::length, do_length

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | codecvt
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:

int length( StateT& state,
            const ExternT* from,
            const ExternT* from_end,

            std::size_t max ) const;
(1)
protected:

virtual int do_length( StateT& state,
                       const ExternT* from,
                       const ExternT* from_end,

                       std::size_t max ) const;
(2)
1) public メンバ関数。 最も派生したクラスのメンバ関数 do_length を呼びます。
2) 指定された初期変換状態 state が与えられたとき、 [from, from_end) によって定義される文字配列の externT 文字から、最大 max 個の internT 文字への変換を試み、そのような変換が消費するであろう externT 文字の個数を返します。 何らかの架空の出力バッファ [to, to+max) に対して do_in(state, from, from_end, from, to, to+max, to) を実行したかのように、 state を変更します。

[編集] 戻り値

from_end-from 個の文字がすべて消費されるか、 max 個の internT 文字が生成されるか、変換エラーが発生するまで、 do_in() によって変換された場合に消費されるであろう externT の文字数。

変換しない std::codecvt<char, char, std::mbstate_t> の特殊化は std::min(max, from_end-from) を返します。

[編集]

#include <locale>
#include <string>
#include <iostream>
 
int main()
{
    //  narrow multibyte encoding
    std::string s = "z\u00df\u6c34\U0001d10b"; // or u8"zß水𝄋"
                      // or "\x7a\xc3\x9f\xe6\xb0\xb4\xf0\x9d\x84\x8b";
    std::mbstate_t mb = std::mbstate_t();
    std::cout << "Only the first " <<
              std::use_facet<std::codecvt<wchar_t, char, std::mbstate_t>>(
                    std::locale("en_US.utf8")
              ).length(mb, &s[0], &s[s.size()], 2)
              << " bytes out of " << s.size() << " would be consumed "
                 " to produce the first 2 characters\n";
}

出力:

Only the first 3 bytes out of 10 would be consumed to produce the first 2 characters

[編集] 関連項目

[仮想]
ファイルから読み込む時などのために、文字列を externT から internT に変換します
(仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]