名前空間
変種
操作

std::codecvt<InternT,ExternT,State>::codecvt

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | codecvt
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
explicit codecvt( std::size_t refs = 0 );

std::codecvt ファセットを作成し、開始参照カウント refs を基底クラスのコンストラクタ locale::facet::facet() に転送します。

[編集] 引数

refs - 開始参照カウント