名前空間
変種
操作

LC_ALL, LC_COLLATE, LC_CTYPE, LC_MONETARY, LC_NUMERIC, LC_TIME

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale
 
 
 
ヘッダ <clocale> で定義
#define LC_ALL      /*implementation defined*/
#define LC_COLLATE  /*implementation defined*/
#define LC_CTYPE    /*implementation defined*/
#define LC_MONETARY /*implementation defined*/
#define LC_NUMERIC  /*implementation defined*/
#define LC_TIME     /*implementation defined*/

上記のマクロ定数は std::setlocale の最初の引数として使用するために適したそれぞれ異なる値を持つ整数定数式に展開されます。

定数 説明
LC_ALL C のロケール全体を選択します
LC_COLLATE C のロケールの照合カテゴリを選択します
LC_CTYPE C のロケールの文字分類カテゴリを選択します
LC_MONETARY C のロケールの金額書式化カテゴリを選択します
LC_NUMERIC C のロケールの数値書式化カテゴリを選択します
LC_TIME C のロケールの時間書式化カテゴリを選択します

LC_ で始まり少なくとも1個の大文字が続く名前の追加のマクロ定数が <clocale> で定義されるかもしれません。 例えば、 POSIX の仕様は LC_MESSAGES (std::perrorstd::strerror を制御します) を要求し、 ISO/IEC 30112:2014 (2014 draft) はさらに LC_IDENTIFICATION, LC_XLITERATE, LC_NAME, LC_ADDRESS, LC_TELEPHONE, LC_PAPER, LC_MEASUREMENT, LC_KEYBOARD を定義しています (LC_XLITERATE 以外は GNU C ライブラリでサポートされています)。

[編集]

#include <cstdio>
#include <clocale>
#include <ctime>
#include <cwchar>
 
int main()
{
    std::setlocale(LC_ALL, "en_US.UTF-8"); // the C locale will be the UTF-8 enabled English
    std::setlocale(LC_NUMERIC, "de_DE.UTF-8");   // decimal dot will be German
    std::setlocale(LC_TIME, "ja_JP.UTF-8");      // date/time formatting will be Japanese
    wchar_t str[100];
    std::time_t t = std::time(nullptr);
    std::wcsftime(str, 100, L"%A %c", std::localtime(&t));
    std::wprintf(L"Number: %.2f\nDate: %Ls\n", 3.14, str);
}

出力:

Number: 3,14
Date: 月曜日 2011年12月19日 18時04分40秒

[編集] 関連項目

現在の C のロケールを取得および設定します
(関数) [edit]
文化の違いをカプセル化する多相的なファセットの集合
(クラス) [edit]
ロケールカテゴリC言語リファレンス