名前空間
変種
操作

asm 宣言

提供: cppreference.com
< cpp‎ | language
 
 
 
 

asm 宣言は C++ のプログラム内にアセンブリ言語のソースコードを埋め込む能力を与えます。 この宣言は条件的にサポートされ、処理系定義です。 つまり、存在しないかもしれず、処理系によって提供されるときでも、固定の意味を持ちません。

目次

[編集] 構文

asm ( string_literal ) ;

[編集] 説明

string_literal は、一般的には、この宣言が実行されるときに実行される、アセンブリ言語で書かれた短いプログラムです。 コンパイラによって、 asm 宣言に対するルールが大きく異なり、周囲の C++ コードとのやり取りのための規約が異なります。

他のブロック宣言と同様に、この宣言はブロック (関数の本体や別の複文) の内側に現れることができ、他のすべての宣言と同様に、この宣言はブロックの外側に現れることもできます。

[編集]

GCC コンパイラによって提供されている2種類のインラインアセンブリ構文をデモンストレーションします。 このプログラムは x86_64 プラットフォームの Linux 上でのみ正しく動作します。

#include <iostream>
 
extern "C" int func();
// func の定義はアセンブリ言語で記述されます。
// 生文字列リテラルが非常に便利です。
asm(R"(
.globl func
    .type func, @function
    func:
    .cfi_startproc
    movl $7, %eax
    ret
    .cfi_endproc
)");
 
int main()
{
    int n = func();
    // 拡張インラインアセンブリ。
    asm ("leal (%0,%0,4),%0"
         : "=r" (n)
         : "0" (n));
    std::cout << "7*5 = " << n << std::endl; // 意図的にフラッシュしています。
 
    // 標準インラインアセンブリ。
    asm ("movq $60, %rax\n\t" // Linux における exit システムコールの番号。
         "movq $2,  %rdi\n\t" // このプログラムは 2 を返します。
         "syscall");
}

出力:

7*5 = 35

[編集] 外部リンク