名前空間
変種
操作

std::reverse_iterator<Iter>::base

提供: cppreference.com
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
 
iterator_type base() const;
(C++17未満)
constexpr iterator_type base() const;
(C++17以上)

ベースとなるイテレータを返します。 つまり std::reverse_iterator(it).base() == it です。

ベースとなるイテレータは reverse_iterator が現在指している要素の次 (std::reverse_iterator::iterator_type の視点で) の要素を参照します。 つまり、 &*(rit.base() - 1) == &*rit です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

ベースとなるイテレータ。

[編集] 例外

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <vector>
 
int main()
{
  std::vector<int> v = { 0, 1, 2, 3, 4, 5 };
 
  using RevIt = std::reverse_iterator<std::vector<int>::iterator>;
  {
    const auto it = v.begin() + 3;
    RevIt r_it(it);
 
    std::cout << "*it == " << *it << ", *r_it.base() == " << *r_it.base()
    << '\n' << "*r_it == " << *r_it <<", *(r_it.base()-1) == " << *(r_it.base()-1) << "\n";
  }
  {
    RevIt r_end(v.begin());
    RevIt r_begin(v.end());
 
    for (auto it = r_end.base(); it != r_begin.base(); ++it) {
      std::cout << *it << " ";
    }
    std::cout << "\n";
  }
}

出力:

*it == 3, *r_it.base() == 3
*r_it == 2, *(r_it.base()-1) == 2
0 1 2 3 4 5

[編集] 関連項目

イテレータの指す先の要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]