名前空間
変種
操作

std::ostreambuf_iterator<CharT,Traits>::operator=

提供: cppreference.com
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
 
ostreambuf_iterator& operator=( CharT c );

failed()false を返す場合は、 pbuf->sputc(c) を呼ぶことによって紐付けられたストリームバッファに文字 c を挿入します。 ただし pbufstreambuf_type* 型のプライベートメンバです。 そうでなければ、何もしません。

pbuf->sputc(c) の呼び出しが Traits::eof を返した場合は、 failed() フラグが true に設定されます。

目次

[編集] 引数

c - 挿入する文字

[編集] 戻り値

*this

[編集]

[編集] 関連項目

文字をひとつ put 領域に書き込み、次ポインタを進めます
(std::basic_streambuf<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]