名前空間
変種
操作

operator==, !=(std::move_iterator<Iter>, std::move_sentinel)

提供: cppreference.com
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
 
template<std::sentinel_for<Iter> S>

  friend constexpr bool

    operator!=(const move_iterator& i, const std::move_sentinel<S>& s);
(1) (C++20以上)
template<std::sentinel_for<Iter> S>

  friend constexpr bool

    operator==(const std::move_sentinel<S>& s, const move_iterator& i);
(2) (C++20以上)
template<std::sentinel_for<Iter> S>

  friend constexpr bool

    operator!=(const move_iterator& i, const std::move_sentinel<S>& s);
(3) (C++20以上)
template<std::sentinel_for<Iter> S>

  friend constexpr bool

    operator!=(const std::move_sentinel<S>& s, const move_iterator& i);
(4) (C++20以上)

move_iteratormove_sentinel を比較します。

これらの関数は、通常の非修飾名または修飾名の名前探索に対して可視ではなく、 std::move_iterator<Iter> が引数の関連クラスであるときの実引数依存の名前探索によってのみ発見できます。

[編集] 引数

i - std::move_iterator<Iter>
s - std::move_sentinel<S> ただし Sstd::sentinel_for<Iter> をモデル化します

[編集] 戻り値

1-2) i.base() == s.base()
3-4) !(i == s)

[編集] 関連項目

ベースとなるイテレータを比較します
(関数テンプレート) [edit]