名前空間
変種
操作

std::move_iterator<Iter>::operator*,->

提供: cppreference.com
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
 
(1)
reference operator* () const;
(C++17未満)
constexpr reference operator* () const;
(C++17以上)
(2)
pointer operator->() const;
(C++17未満)
constexpr pointer operator->() const;
(C++17以上)
(C++20で非推奨)

現在の要素を指す右辺値参照またはポインタを返します。

1) std::move(*base()) と同等です。
(C++17未満)
1) static_cast<reference>(*base()) と同等です。
(C++17以上)
2) base() と同等です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

現在の要素を指す右辺値参照またはポインタ。

[編集] ノート

(2) はポインタを返すことに注意してください。 ポインタを逆参照したとき、返される値は左辺値です。 これは意図しない動作に繋がる可能性があります。

[編集]

[編集] 関連項目

インデックスによって要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]