名前空間
変種
操作

std::make_reverse_iterator

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
ヘッダ <iterator> で定義
template <class Iter>
std::reverse_iterator<Iter> make_reverse_iterator( Iter i );
(C++14以上)
(C++17未満)
template <class Iter>
constexpr std::reverse_iterator<Iter> make_reverse_iterator( Iter i );
(C++17以上)

make_reverse_iterator は指定されたイテレータ i のための引数型から推定した型を持つ std::reverse_iterator を構築する便利関数テンプレートです。

目次

[編集] 引数

i - 逆イテレータに変換されるイテレータ

[編集] 戻り値

i から構築した std::reverse_iterator

[編集] 実装例

template< class Iter >
constexpr std::reverse_iterator<Iter> make_reverse_iterator( Iter i )
{
    return std::reverse_iterator<Iter>(i);
}

[編集]

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <vector>
#include <algorithm>
 
int main() {
    std::vector<int> v{ 1, 3, 10, 8, 22 };
 
    std::sort(v.begin(), v.end());
    std::copy(v.begin(), v.end(), std::ostream_iterator<int>(std::cout, ", "));
 
    std::cout << '\n';
 
    std::copy(
        std::make_reverse_iterator(v.end()), 
        std::make_reverse_iterator(v.begin()),
        std::ostream_iterator<int>(std::cout, ", "));
}

出力:

1, 3, 8, 10, 22, 
22, 10, 8, 3, 1,

[編集] 関連項目

逆順探索のためのイテレータアダプタ
(クラステンプレート) [edit]
コンテナまたは配列の先頭を指す逆イテレータを返します
(関数) [edit]
(C++14)
コンテナまたは配列の終端を指す逆イテレータを返します
(関数) [edit]