名前空間
変種
操作

std::input_iterator_tag, std::output_iterator_tag, std::forward_iterator_tag, std::bidirectional_iterator_tag, std::random_access_iterator_tag

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
ヘッダ <iterator> で定義
struct input_iterator_tag { };
struct output_iterator_tag { };
struct forward_iterator_tag : public input_iterator_tag { };
struct bidirectional_iterator_tag : public forward_iterator_tag { };
struct random_access_iterator_tag : public bidirectional_iterator_tag { };

イテレータのカテゴリを定義します。 それぞれのタグは空の型であり、5つのイテレータカテゴリのひとつに対応します。

イテレータカテゴリタグは、そのカテゴリが暗に示す特定の要件の集合に対して最も効率的なアルゴリズムを選択するために使用できる情報を持ちます。

すべてのイテレータ型について、 typedef std::iterator_traits<Iterator>::iterator_category が利用可能です。 これは、これら5つのタグ型のひとつのエイリアスになります。

ノート

ContiguousIterator のための別個のタグはありません。

(C++17およびそれ以降)

[編集]

イテレータカテゴリタグに基づくアルゴリズム選択の一般的なテクニックは、ディスパッチャ関数を使用することです (別の方法としては std::enable_if もあります)。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <list>
#include <iterator>
 
template< class BDIter >
void alg(BDIter, BDIter, std::bidirectional_iterator_tag)
{
    std::cout << "alg() called for bidirectional iterator\n";
}
 
template <class RAIter>
void alg(RAIter, RAIter, std::random_access_iterator_tag)
{
    std::cout << "alg() called for random-access iterator\n";
}
 
template< class Iter >
void alg(Iter first, Iter last)
{
    alg(first, last,
        typename std::iterator_traits<Iter>::iterator_category());
}
 
int main()
{
    std::vector<int> v;
    alg(v.begin(), v.end());
 
    std::list<int> l;
    alg(l.begin(), l.end());
 
//    std::istreambuf_iterator<char> i1(std::cin), i2;
//    alg(i1, i2); // compile error: no matching function for call
}

出力:

alg() called for random-access iterator
alg() called for bidirectional iterator

[編集] 関連項目

(C++17で非推奨)
シンプルなイテレータのための型要件の定義を簡単にする基底クラス
(クラステンプレート) [edit]
イテレータの性質への統一されたインタフェースを提供します
(クラステンプレート) [edit]