名前空間
変種
操作

std::istreambuf_iterator<CharT,Traits>::istreambuf_iterator

提供: cppreference.com
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
 
(1)
istreambuf_iterator() throw();
(C++11未満)
constexpr istreambuf_iterator() noexcept;
(C++11以上)
istreambuf_iterator( std::basic_istream<CharT,Traits>& is ) noexcept;
(2)
istreambuf_iterator( std::basic_streambuf<CharT,Traits>* s ) noexcept;
(3)
istreambuf_iterator( const /* proxy */& p ) noexcept;
(4)
istreambuf_iterator( const istreambuf_iterator& ) noexcept = default;
(5) (C++11以上)
1) ストリーム終端イテレータを構築します。
2) イテレータを初期化し、 is.rdbuf() の値をデータメンバに格納します。 is.rdbuf() がヌルの場合は、ストリーム終端イテレータが構築されます。
3) イテレータを初期化し、 s の値をデータメンバに格納します。 s がヌルの場合は、ストリーム終端イテレータが構築されます。
4) 実質的に p が保持する streambuf_type* のポインタを用いて (3) を呼びます。
5) コピーコンストラクタは明示的にデフォルト化されています。

[編集] 引数

is - ストリームバッファを取得するストリーム
s - イテレータを初期化するためのストリームバッファ
p - 処理系定義のプロキシ型のオブジェクト