名前空間
変種
操作

std::inserter

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
ヘッダ <iterator> で定義
template< class Container >
std::insert_iterator<Container> inserter( Container& c, typename Container::iterator i );
(C++20未満)
template< class Container >
constexpr std::insert_iterator<Container> inserter( Container& c, typename Container::iterator i );
(C++20以上)

inserter はコンテナ c およびそのイテレータ i のための引数型から推定した型を持つ std::insert_iterator を構築する便利関数テンプレートです。

目次

[編集] 引数

c - insert 操作をサポートするコンテナ
i - 挿入位置を示す c 内のイテレータ

[編集] 戻り値

コンテナ ci に示される位置に要素を挿入するために使用できる std::insert_iterator

[編集] 実装例

template< class Container >
std::insert_iterator<Container> inserter( Container& c, typename Container::iterator i )
{
    return std::insert_iterator<Container>(c, i);
}

[編集]

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <iterator>
#include <vector>
#include <set>
 
int main()
{
 
    std::multiset<int> s {1, 2, 3};
 
    // std::inserter is commonly used with sets
    std::fill_n(std::inserter(s, s.end()), 5, 2);
 
    for (int n : s)
        std::cout << n << ' ';
    std::cout << '\n';
 
    std::vector<int> d {100, 200, 300};
    std::vector<int> l {1, 2, 3, 4, 5};
 
    // when inserting in a sequence container, insertion point advances
    // because each std::insert_iterator::operator= updates the target iterator
    std::copy(d.begin(), d.end(), std::inserter(l, std::next(l.begin())));
 
    for (int n : l)
        std::cout << n << ' ';
    std::cout << '\n';
}

出力:

1 2 2 2 2 2 2 3 
1 100 200 300 2 3 4 5

[編集] 関連項目

コンテナに挿入するためのイテレータアダプタ
(クラステンプレート) [edit]
引数から推定した型の std::back_insert_iterator を作成します
(関数テンプレート) [edit]
引数から推定した型の std::front_insert_iterator を作成します
(関数テンプレート) [edit]