名前空間
変種
操作

std::default_sentinel_t, std::default_sentinel

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
 
 
イテレータライブラリ
イテレータコンセプト
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
default_sentinel_tdefault_sentinel
(C++20)(C++20)
ストリームイテレータ
イテレータのカスタマイゼーションポイント
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++17)(C++20)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++17)
(C++17)
 
ヘッダ <iterator> で定義
struct default_sentinel_t { };
(1) (C++20以上)
inline constexpr default_sentinel_t default_sentinel{};
(2) (C++20以上)
1) default_sentinel_t は範囲の終わりを表すために使用される空のクラス型です。 範囲の境界を自分で知っているイテレータ型 (std::counted_iterator など) と共に使用できます。
2) default_sentineldefault_sentinel_t 型の定数です。

[編集]

#include <iterator>
#include <algorithm>
#include <list>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::list<int> l{3,1,4,1,5,9,2,6};
 
    std::ranges::copy(std::counted_iterator(std::begin(l), 4),
        std::default_sentinel, std::ostream_iterator<int>{std::cout, " "});
}

出力:

3 1 4 1

[編集] 関連項目

範囲の終端までの距離を追跡するイテレータアダプタ
(クラステンプレート) [edit]