名前空間
変種
操作

std::back_insert_iterator

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
 
 
イテレータライブラリ
イテレータプリミティブ
イテレータアダプタ
ストリームイテレータ
イテレータ操作
(C++11)
(C++11)
範囲アクセス
(C++11)(C++14)
(C++11)(C++14)
(C++14)(C++14)
(C++14)(C++14)
コンテナアクセス
(C++17)
(C++17)
(C++17)
 
 
ヘッダ <iterator> で定義
template< class Container >

class back_insert_iterator : public std::iterator< std::output_iterator_tag,

                                                   void, void, void, void >
(C++17以前)
template< class Container >
class back_insert_iterator;
(C++17およびそれ以降)

std::back_insert_iterator は指定されたコンテナに要素を追加する OutputIterator です。 イテレータ (逆参照されたかどうかにかかわらず) に代入されるとそのコンテナの push_back() メンバ関数を呼びます。 std::back_insert_iterator のインクリメントは何もしません。

目次

[編集] メンバ関数

メンバ型 定義
container_type Container

[編集] メンバ関数

新しい back_insert_iterator を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
紐付けられたコンテナにオブジェクトを挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
何もしません
(パブリックメンバ関数) [edit]
何もしません
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] メンバオブジェクト

メンバ名 定義
container (protected) Container* 型のポインタ

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
value_type void
difference_type void
pointer void
reference void
iterator_category std::output_iterator_tag

これらのメンバ型は std::iterator<std::output_iterator_tag,void,void,void,void> から継承することによって取得されることが要求されます。

(C++17以前)

[編集]

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <algorithm>
#include <vector>
 
int main()
{
    std::vector<int> v;
    std::generate_n(std::back_insert_iterator<std::vector<int>>(v), // can be simplified
                    10, [n=0]() mutable { return ++n; });        // with std::back_inserter
    for (int n : v)
        std::cout << n << ' ';
    std::cout << '\n';
}

出力:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

[編集] 関連項目

引数から推定した型の std::back_insert_iterator を作成します
(関数テンプレート) [edit]
コンテナの先頭に挿入するためのイテレータアダプタ
(クラステンプレート) [edit]
コンテナに挿入するためのイテレータアダプタ
(クラステンプレート) [edit]