名前空間
変種
操作

std::ostrstream::freeze

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | ostrstream
 
 
入出力ライブラリ
入出力マニピュレータ
Cスタイルの入出力
バッファ
(C++98で非推奨)
ストリーム
抽象
ファイル入出力
文字列入出力
配列入出力
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
同期化出力
エラーカテゴリインタフェース
(C++11)
 
 
void freeze(bool flag = true);

ストリームが出力用に動的確保された配列を使用している場合、バッファの自動確保/解放を無効化 (flag == true) または有効化 (flag == false) します。 実質的に rdbuf()->freeze(flag) を呼びます。

目次

[編集] ノート

str() の呼び出しの後、動的ストリームは自動的に凍結状態になります。 この ostrstream オブジェクトが作成されたスコープを終了する前に freeze(false) の呼び出しが要求されます。 そうでなければ、デストラクタがメモリリークします。 また、凍結されたストリームへのさらなる出力は確保されたバッファの終端に達すると切り捨てられることがあります。

[編集] 引数

flag - 所望の状態

[編集] 戻り値

(なし)

[編集]

#include <strstream>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::ostrstream dyn; // dynamically-allocated output buffer
    dyn << "Test: " << 1.23; // note: no std::ends to demonstrate appending
    std::cout << "The output stream contains \"";
    std::cout.write(dyn.str(), dyn.pcount()) << "\"\n";
    // the stream is now frozen due to str()
    dyn << " More text"; // output to a frozen stream may be truncated
    std::cout << "The output stream contains \"";
    std::cout.write(dyn.str(), dyn.pcount()) << "\"\n";
    dyn.freeze(false); // freeze(false) must be called or the  destructor will leak
 
    std::ostrstream dyn2; // dynamically-allocated output buffer
    dyn2 << "Test: " << 1.23; // note: no std::ends
    std::cout << "The output stream contains \"";
    std::cout.write(dyn2.str(), dyn2.pcount()) << "\"\n";
    dyn2.freeze(false);   // unfreeze the stream after str()
    dyn2 << " More text" << std::ends; // output will not be truncated (buffer grows)
    std::cout << "The output stream contains \"" << dyn2.str() << "\"\n";
    dyn2.freeze(false); // freeze(false) must be called or the  destructor will leak 
}

出力例:

The output stream contains "Test: 1.23"
The output stream contains "Test: 1.23 More "
The output stream contains "Test: 1.23"
The output stream contains "Test: 1.23 More text"

[編集] 関連項目

バッファの凍結状態をセットまたはクリアします
(std::strstreambufのパブリックメンバ関数) [edit]