名前空間
変種
操作

std::dec, std::hex, std::oct

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | manip
 
 
 
入出力マニピュレータ
浮動小数点フォーマット
整数フォーマット
dechexoct
ブーリアンフォーマット
フィールド幅とフィル制御
その他のフォーマット
ホワイトスペース処理
出力のフラッシュ
ステータスフラグ操作
時間と通貨の入出力
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
引用符マニピュレータ
(C++14)
 
ヘッダ <ios> で定義
(1)
(2)
(3)

整数の入出力に対するデフォルトの基数を変更します。

1) str.setf(std::ios_base::dec, std::ios_base::basefield) を呼んだかのように、ストリーム strbasefielddec に設定します。

2) str.setf(std::ios_base::hex, std::ios_base::basefield) を呼んだかのように、ストリーム strbasefieldhex に設定します。

3) str.setf(std::ios_base::oct, std::ios_base::basefield) を呼んだかのように、ストリーム strbasefieldoct に設定します。

これは入出力マニピュレータです。 std::basic_ostream 型の任意の out に対する out << std::hex のような式や std::basic_istream 型の任意の in に対する in >> std::hex のような式で呼ぶことができます。

目次

[編集] 引数

str - 入出力ストリームへの参照

[編集] 戻り値

str (操作後のストリームへの参照)。

[編集]

#include <iostream>
#include <sstream>
int main()
{
    std::cout << "The number 42 in octal:   " << std::oct << 42 << '\n'
              << "The number 42 in decimal: " << std::dec << 42 << '\n'
              << "The number 42 in hex:     " << std::hex << 42 << '\n';
    int n;
    std::istringstream("2A") >> std::hex >> n;
    std::cout << std::dec << "Parsing \"2A\" as hex gives " << n << '\n';
    // the output base is sticky until changed
    std::cout << std::hex << "42 as hex gives " << 42
        << " and 21 as hex gives " << 21 << '\n';
}

出力:

The number 42 in octal:   52
The number 42 in decimal: 42
The number 42 in hex:     2a
Parsing "2A" as hex gives 42
42 as hex gives 2a and 21 as hex gives 15

[編集] 関連項目

整数の入出力に使用される基数を変更します
(関数) [edit]
数値の基数を表すために接頭辞を使用するかどうか制御します
(関数) [edit]