名前空間
変種
操作

std::ios_base::precision

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | ios base
 
 
 
 
streamsize precision() const;
(1)
streamsize precision( streamsize new_precision );
(2)

std::num_put::do_put によって行われる浮動小数点出力の精度 (すなわち生成される桁数) を管理します。

1) 現在の精度を返します。
2) 精度を指定されたものに設定します。

std::basic_ios::init によって確立されるデフォルトの精度は6です。

目次

[編集] 引数

new_precision - 新しい精度の設定

[編集] 戻り値

関数を呼ぶ前の精度。

[編集]

#include <iostream>
int main()
{
    const double d = 1.2345678901234;
    std::cout << "The  default precision is " << std::cout.precision() << "\n\n";
    std::cout << "With default precision d is " << d << '\n';
    std::cout.precision(12);
    std::cout << "With high    precision d is " << d << '\n';
}

出力:

The  default precision is 6
 
With default precision d is 1.23457
With high    precision d is 1.23456789012

[編集] 関連項目

フィールド幅を管理します
(パブリックメンバ関数) [edit]