名前空間
変種
操作

std::ios_base::failure

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | ios base
 
 
 
 
ヘッダ <ios> で定義
class failure;

クラス std::ios_base::failure は入出力ライブラリで失敗したときにその関数によって投げられる例外オブジェクトを定義します。

std::ios_base::failurestd::ios_base のメンバクラスとして定義されるかもしれませんし、同等な機能を持つ別のクラスの同義語 (typedef) として定義されるかもしれません。 (C++17およびそれ以降)

cpp/error/exceptionstd-ios base-failure-2003-inheritance.svg
画像の詳細

継承図

(C++11以前)
cpp/error/exceptioncpp/error/runtime errorcpp/error/system errorstd-ios base-failure-inheritance.svg
画像の詳細

継承図

(C++11およびそれ以降)

目次

[編集] メンバ関数

コンストラクタ
例外オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]

std::ios_base::failure::failure

explicit failure( const std::string& message );
(C++11以前)
explicit failure( const std::string& message,
                  const std::error_code& ec = std::io_errc::stream );
(C++11およびそれ以降)
explicit failure( const char* message,
                  const std::error_code& ec = std::io_errc::stream );
(C++11およびそれ以降)

後に what() を使用して取得できる説明文字列として message を使用して例外オブジェクトを構築します。

引数

message - 説明文字列

std::system_error から継承

メンバ関数

エラーコードを返します
(std::system_errorのパブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
説明文字列を返します
(std::system_errorの仮想パブリックメンバ関数) [edit]

std::runtime_error から継承


std::exception から継承

メンバ関数

例外オブジェクトを破棄します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
説明文字列を返します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]

[編集]

#include <iostream>
#include <fstream>
int main()
{
    std::ifstream f("doesn't exist");
    try {
        f.exceptions(f.failbit);
    } catch (const std::ios_base::failure& e)
    {
        std::cout << "Caught an ios_base::failure.\n"
                  << "Explanatory string: " << e.what() << '\n'
                  << "Error code: " << e.code() << '\n';
    }
}

出力:

Caught an ios_base::failure.
Explanatory string: ios_base::clear: unspecified iostream_category error
Error code: iostream:1

[編集] 関連項目

(C++11)
iostream のエラーコード
(列挙) [edit]