名前空間
変種
操作

std::ios_base

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io
 
 
 
 
ヘッダ <ios> で定義
class ios_base;

クラス ios_base はすべての入出力ストリームクラスのための基底クラスとして提供される多目的なクラスです。 いくつかの種類のデータを管理します。

1) 状態情報: ストリームステータスフラグ。
2) 制御情報: 入力シーケンスと出力シーケンス両方の書式を制御するフラグとロケール設定。
3) プライベートな記憶域: longvoid* の両方を格納できるインデックス付けされた拡張可能なデータ構造。 これは2つの任意サイズ配列、または2つの要素を持つ構造体の単一の配列、または別のコンテナとして実装されるかもしれません。
4) コールバック: imbue()、 copyfmt() および ~ios_base() から呼ばれる任意の個数のユーザ定義関数。

一般的な実装は、下に示す fmtflags、 iostate、 openmode、 seekdir のすべての値に対応するメンバ定数、現在の精度、幅、書式フラグ、例外マスク、バッファのエラー状態、コールバックを保持するリサイズ可能なコンテナ、現在設定されているロケール、プライベートな記憶域を管理するメンバ変数、 xalloc() のための static な整数変数を保持します。

目次

[編集] メンバ関数

オブジェクトを構築します
(プロテクテッドメンバ関数) [edit]
オブジェクトを破棄します
(仮想パブリックメンバ関数) [edit]
書式
書式フラグを管理します
(パブリックメンバ関数) [edit]
特定の書式フラグをセットします
(パブリックメンバ関数) [edit]
特定の書式フラグをクリアします
(パブリックメンバ関数) [edit]
浮動小数点操作の10進精度を管理します
(パブリックメンバ関数) [edit]
フィールド幅を管理します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ロケール
ロケールを設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
現在のロケールを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
内部の拡張可能な配列
[static]
pword() および iword() へのインデックスとして使用するのに安全な、プログラム全体で一意な整数を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
必要であればプライベートな記憶域をリサイズし、指定されたインデックスの long 要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
必要であればプライベートな記憶域をリサイズし、指定されたインデックスの void* 要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
その他
イベントのコールバック関数を登録します
(パブリックメンバ関数) [edit]
C++ と C の入出力ライブラリが相互運用可能であるかどうかを設定します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]

メンバクラス

ストリームの例外
(パブリックメンバクラス) [edit]
標準ストリームオブジェクトを初期化します
(パブリックメンバクラス) [edit]

メンバ型および定数

説明
ストリームのオープンモードの型

以下の定数が定義されます。

定数 説明[edit]
app 各書き込み前にストリームの終端へシークします[edit]
binary バイナリモードで開きます[edit]
in 読み込み用に開きます[edit]
out 書き込み用に開きます[edit]
trunc 開くときにストリームの内容を破棄します[edit]
ate 開いた直後にストリームの終端へシークします[edit]

(typedef) [edit]
書式フラグの型

以下の定数が定義されます。

定数 説明[edit]
dec 整数の入出力に対して10進数を使用します。 std::dec を参照してください[edit]
oct 整数の入出力に対して8進数を使用します。 std::oct を参照してください[edit]
hex 整数の入出力に対して16進数を使用します。 std::hex を参照してください[edit]
basefield dec|oct|hex。 マスク操作に便利です[edit]
left 左詰め (フィル文字を右に追加します)。 std::left を参照してください [edit]
right 右詰め (フィル文字を左に追加します)。 std::right を参照してください [edit]
internal 内部詰め (フィル文字を内部の指定された位置に追加します)。 std::internal を参照してください [edit]
adjustfield left|right|internal。 マスク操作に便利です [edit]
scientific 科学表記を使用して浮動小数点型を生成します (fixed と組み合わせた場合は16進表記)。 std::scientific を参照してください [edit]
fixed 固定表記を使用して浮動小数点型を生成します (scientific と組み合わせた場合は16進表記)。 std::fixed を参照してください [edit]
floatfield scientific|fixed。 マスク操作に便利です [edit]
boolalpha bool 型をアルファベット形式で挿入および抽出します。 std::boolalpha を参照してください [edit]
showbase 整数の出力に対して数値の基数を表す接頭辞を生成し、金額の入出力に対して金額指示子を要求します。 std::showbase を参照してください [edit]
showpoint 浮動小数点数の出力に対して小数点を無条件に生成します。 std::showpoint を参照してください [edit]
showpos 非負の数値の出力に対して + 文字を出力します。 std::showpos を参照してください [edit]
skipws 特定の入力操作の前に先行するホワイトスペースをスキップします。 std::skipws を参照してください [edit]
unitbuf 各出力操作の後に出力をフラッシュします。 std::unitbuf を参照してください [edit]
uppercase 特定の出力操作で特定の小文字を同等な大文字に置き換えます。 std::uppercase を参照してください [edit]

(typedef) [edit]
ストリーム状態の型

以下の定数が定義されます。

定数 説明[edit]
goodbit エラーなし [edit]
badbit 回復不可能なストリームのエラー [edit]
failbit 入出力操作が失敗しました (書式エラーまたは抽出エラー) [edit]
eofbit 紐付けられている入力シーケンスがファイル終端に達しました [edit]

(typedef) [edit]
シーク方向の型

以下の定数が定義されます。

定数 説明[edit]
beg ストリームの先頭 [edit]
end ストリームの終端 [edit]
cur ストリームの位置指示子の現在位置 [edit]

(typedef) [edit]
イベントの種類を規定します
(列挙) [edit]
コールバック関数の型
(typedef) [edit]
非推奨なメンバ型
説明
io_state(非推奨) iostate のように使用できる整数型
open_mode(非推奨) openmode のように使用できる整数型
seek_dir(非推奨) seekdir のように使用できる整数型
streamoff(非推奨) off_type のように使用できる未規定な型、 std::streamoff であるとは限りません
streampos(非推奨) pos_type のように使用できる未規定な型、 std::streampos であるとは限りません
(C++17以前)