名前空間
変種
操作

std::ftell

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | c
 
 
入出力ライブラリ
入出力マニピュレータ
Cスタイルの入出力
バッファ
(C++98で非推奨)
ストリーム
抽象
ファイル入出力
文字列入出力
配列入出力
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
同期化出力
エラーカテゴリインタフェース
(C++11)
 
 
ヘッダ <cstdio> で定義
long ftell( std::FILE* stream );

ファイルストリーム stream のファイル位置指示子の現在地を返します。

ストリームがバイナリモードで開かれている場合、この関数によって取得される値はファイルの先頭からのバイト数です。

ストリームがテキストモードで開かれている場合、この関数によって返される値は未規定であり、 std::fseek への入力としてのみ意味を持ちます。

目次

[編集] 引数

stream - 調べるファイルストリーム

[編集] 戻り値

成功した場合はファイル位置指示子、失敗した場合は -1L。 失敗した場合は errno も設定します。

[編集]

[編集] 関連項目

ファイル位置指示子を取得します
(関数) [edit]
ファイル位置指示子をファイル内の指定された位置に移動させます
(関数) [edit]
ファイル位置指示子をファイル内の指定された位置に移動させます
(関数) [edit]
入力位置指示子を返します
(std::basic_istream<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]
出力位置指示子を返します
(std::basic_ostream<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]