名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::~basic_streambuf

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
 
 
virtual ~basic_streambuf();

このデストラクタは空です。 この basic_streambuf のメンバ (ポインタとロケール) は、このデストラクタが戻った後の通常のオブジェクト破棄に従って破棄されます。 しかし public virtual と宣言されているため、 std::basic_streambuf から派生したオブジェクトが基底クラスへのポインタを通して削除することができます。

[編集] 引数

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <fstream>
 
int main()
{
    std::filebuf* fbp = new std::filebuf;
    fbp->open("test.txt", std::ios_base::out);
    fbp->sputn("Hello\n", 6);
    std::streambuf* sbp = fbp;
    delete sbp; // the file is closed, output flushed and written
    std::ifstream f("test.txt");
    std::cout << f.rdbuf(); // proof
}

出力:

Hello


[編集] 関連項目

basic_streambuf オブジェクトを構築します
(プロテクテッドメンバ関数) [edit]