名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::sungetc

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
入出力ライブラリ
入出力マニピュレータ
Cスタイルの入出力
バッファ
(C++98で非推奨)
ストリーム
抽象
ファイル入出力
文字列入出力
配列入出力
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
同期化出力
エラーカテゴリインタフェース
(C++11)
 
 
int_type sungetc();

get 領域の putback 位置が利用可能であれば (gptr() > eback())、次ポインタ (gptr()) をデクリメントし、その結果のポインタが指す文字を返します。

putback 位置が利用可能でなければ、可能であれば入力シーケンスを後退させるために pbackfail() を呼びます。

入出力ストリームの関数 basic_istream::unget はこの関数の観点で実装されます。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

putback 位置が利用可能であれば、更新後の次ポインタの指す文字が Traits::to_int_type(*gptr())int_type に変換されて返されます。 この streambuf からの次の単一文字入力はこの文字を返します。

putback 位置が利用可能でなければ、 pbackfail() が返したものを返します。 失敗時は Traits::eof() になります。

[編集]

#include <iostream>
#include <sstream>
 
int main()
{
    std::stringstream s("abcdef"); // gptr() poitns to 'a'
    char c1 = s.get(); // c = 'a', gptr() now points to 'b' 
    char c2 = s.rdbuf()->sungetc(); // same as s.unget(): gptr() points to 'a' again 
    char c3 = s.get(); // c3 = 'a', gptr() now points to 'b'
    char c4 = s.get(); // c4 = 'b', gptr() now points to 'c'
    std::cout << c1 << c2 << c3 << c4 << '\n';
 
    s.rdbuf()->sungetc();  // back to 'b'
    s.rdbuf()->sungetc();  // back to 'a'
    int eof = s.rdbuf()->sungetc();  // nothing to unget: pbackfail() fails
    if (eof == EOF)
            std::cout << "Nothing to unget after 'a'\n";
}

出力:

aaab
Nothing to unget after 'a'

[編集] 関連項目

入力シーケンスに文字をひとつ戻します
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字の抽出を取り消します
(std::basic_istreamのパブリックメンバ関数) [edit]