名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::showmanyc

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
 
 
protected:
virtual std::streamsize showmanyc();

紐付けられている文字シーケンス内の入力に利用可能な文字数を見積もります。 少なくともこの個数の文字が抽出されるまで、 underflow()Traits::eof() を返すことも例外を投げることもないことが保証されます。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

紐付けられている文字シーケンス内の確実に利用可能な文字数、またはブロックせずに利用可能な文字がないと判断できる場合は -1showmanyc-1 を返す場合、 underflow() および uflow() は確実に Traits::eof を返すか例外を投げます。

基底クラスのバージョンは 0 を返します。 これは「紐付けられているシーケンスに利用可能な文字があるかどうか判らない」という意味です。

[編集] ノート

この関数名の由来は「stream: how many characters?」であり、そのため「show many C」ではなく「S how many C」と読みます。

[編集]

[編集] 関連項目

get 領域内の直ちに利用可能な文字数を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
ファイルからの入力用に利用可能な文字数を任意で提供します
(std::basic_filebufの仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]