名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::pubsync, std::basic_streambuf::sync

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
 
 
int pubsync();
(1)
protected:
virtual int sync();
(2)

制御された文字シーケンス (バッファ) を紐付けられている文字シーケンスと同期します。

1) 最も派生したクラスの sync() を呼びます。

2) この関数の基底クラスのバージョンは効果を持ちません。 派生クラスはベースとなるデバイスをバッファと同期できるようにこの関数をオーバーライドするかもしれません。

出力ストリームに対しては、これは一般的には、 put 領域の内容を紐付けられているシーケンスに書き込みます。 すなわち、出力バッファをフラッシュします。 入力ストリームに対しては、これは一般的には、 get 領域を空にし、最新の変更を拾い上げるために紐付けられているシーケンスからの再読み込みを強制します。 デフォルトの動作は (例えば std::basic_stringbuf では) 何もしません。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

1) sync() の戻り値。

2) 成功した場合は 0、そうでなければ -1 を返します。 基底クラスのバージョンは 0 を返します。

[編集]

[編集] 関連項目

ベースとなるストレージデバイスと同期します
(std::basic_istreamのパブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
put 領域から紐付けられているファイルに文字を書き込みます
(std::basic_filebufの仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]