名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::eback, gptr, egptr

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
 
 
char_type* eback() const;
(1)
char_type* gptr() const;
(2)
char_type* egptr() const;
(3)

get 領域を定義するポインタを返します。

1) get 領域の先頭へのポインタを返します。

2) get 領域の現在の文字へのポインタ (get ポインタ) を返します。

3) get 領域の終端へのポインタを返します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

1) get 領域の先頭へのポインタ。

2) get 領域の現在の文字へのポインタ (get ポインタ)。

3) get 領域の終端へのポインタ。

[編集] ノート

名前「gptr」および「egptr」は get 領域を意味しており、「eback」は putback 領域の end を意味しています。 gptr から後退していって eback まで文字を戻すことができるということです。

[編集]

[編集] 関連項目

put 領域の先頭、現在の文字、終端へのポインタを返します
(プロテクテッドメンバ関数) [edit]