名前空間
変種
操作

std::basic_streambuf::basic_streambuf

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic streambuf
 
 
 
 
protected:
basic_streambuf();
(1)
protected:
basic_streambuf(const basic_streambuf& rhs);
(2) (C++11およびそれ以降)
1) basic_streambuf オブジェクトを構築し、6つのポインタメンバ (eback(), gptr(), egptr(), pbase(), pptr(), and epptr()) をヌルポインタに、ロケールメンバを std::locale()、構築時のグローバルな C++ のロケールのコピーに初期化します。
2) 6つのポインタおよびロケールオブジェクトを rhs が保持する値のコピーで初期化して rhs のコピーを構築します。 これはシャローコピーであることに注意してください。 新たに構築された basic_streambuf nポインタは rhs のポインタと同じ文字配列を指します。

どちらのコンストラクタも protected であり、 std::basic_filebufstd::basic_stringbufstd::strstreambuf のような具象 streambuf クラスからのみ呼ばれます。

目次

[編集] 引数

rhs - コピーする streambuf オブジェクト

[編集] ノート

C++11 以前は、 basic_streambuf やその任意の派生クラスが CopyConstructible かどうかは未規定であり (LWG issue 421)、異なる C++ ライブラリの実装は異なるオプションを提供していました。

[編集]

[編集] 関連項目

basic_filebuf オブジェクトを構築します
(std::basic_filebufのパブリックメンバ関数) [edit]
basic_stringbuf オブジェクトを構築します
(std::basic_stringbufのパブリックメンバ関数) [edit]
strstreambuf オブジェクトを構築します
(std::strstreambufのパブリックメンバ関数) [edit]