名前空間
変種
操作

std::basic_ios::narrow

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic ios
 
 
入出力ライブラリ
入出力マニピュレータ
Cスタイルの入出力
バッファ
(C++98で非推奨)
ストリーム
抽象
ファイル入出力
文字列入出力
配列入出力
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
(C++98で非推奨)
同期化出力
エラーカテゴリインタフェース
(C++11)
 
 
char narrow( char_type c, char dfault ) const;

現在のロケール固有の文字 c をその標準の同等の文字に変換します。 結果は必要に応じて char_type から char に変換されます。 変換を行えない場合は dfault を返します。

実質的に std::use_facet< std::ctype<char_type> >(getloc()).narrow(c, dfault); を呼びます。

[編集] 引数

c - 変換する文字
dfault - 変換が成功しなかった場合に返す文字

[編集] 戻り値

標準の同等な文字に変換され、その後 char に変換された文字。 変換が失敗した場合は dfault が返されます。

[編集] 関連項目

文字をワイド化します
(パブリックメンバ関数) [edit]
do_narrow を呼びます
(std::ctypeのパブリックメンバ関数) [edit]
可能であればワイド文字をシングルバイト文字に変換します
(関数) [edit]