名前空間
変種
操作

std::basic_fstream::close

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic fstream
 
 
 
 
void close();

紐付けられているファイルを閉じます。

実質的に rdbuf()->close() を呼びます。 操作中にエラーが発生した場合は setstate(failbit) が呼ばれます。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] ノート

この関数はストリームオブジェクトがスコープ外に出たとき basic_fstream のデストラクタによって呼ばれます。 通常、直接は呼ばれません。

[編集]

#include <string>
#include <fstream>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::fstream f1("example1", std::ios::out),
                 f2("example2", std::ios::out),
                 f3("example3", std::ios::out);
 
    std::cout << std::boolalpha
              << f1.is_open() << '\n'
              << f2.is_open() << '\n'
              << f3.is_open() << '\n';
 
    f1.close();
    f2.close();
 
    std::cout << f1.is_open() << '\n'
              << f2.is_open() << '\n'
              << f3.is_open() << '\n';
}

出力例:

true
true
true
false
false
true

[編集] 関連項目

ストリームが紐付けられているファイルを持っているかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]
ファイルを開き、それをストリームと紐付けます
(パブリックメンバ関数) [edit]
put 領域のバッファをフラッシュし、紐付けられているファイルを閉じます
(std::basic_filebufのパブリックメンバ関数) [edit]