名前空間
変種
操作

std::basic_filebuf::uflow

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic filebuf
 
 
 
 
protected:
virtual int_type uflow()

underflow() のように動作します。 ただし、 underflow() が成功した (戻り値が Traits::eof() でない) 場合は、 get 領域の次ポインタを進めます。 別の言い方をすると、 underflow() によって取得された文字のひとつを消費します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

成功した場合は読み込まれ消費された文字の値、失敗した場合は Traits::eof()

[編集]

[編集] 関連項目

[仮想]
紐付けられている入力シーケンスから get 領域に文字を読み込み、次ポインタを進めます
(std::basic_streambufの仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]
[仮想]
紐付けられているファイルから読み込みます
(仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]
[仮想]
put 領域から紐付けられているファイルに文字を書き込みます
(仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]