名前空間
変種
操作

標準ライブラリヘッダ <iomanip>

提供: cppreference.com
< cpp‎ | header
 
 
 

このヘッダは入出力マニピュレータライブラリの一部です。

[編集] 定義

指定された ios_base のフラグをクリアします
(関数) [edit]
指定された ios_base のフラグを設定します
(関数) [edit]
整数の入出力に使用される基数を変更します
(関数) [edit]
フィル文字を変更します
(関数テンプレート) [edit]
浮動小数点の精度を変更します
(関数) [edit]
次の入出力フィールドの幅を変更します
(関数) [edit]
(C++11)
金額をパースします
(関数テンプレート) [edit]
(C++11)
金額をフォーマットして出力します
(関数テンプレート) [edit]
(C++11)
指定された書式の日付/時刻の値をパースします
(関数テンプレート) [edit]
(C++11)
指定された書式に従って日付/時刻の値をフォーマットして出力します
(関数テンプレート) [edit]
(C++14)
空白を含む引用符付き文字列の挿入と抽出
(関数テンプレート) [edit]

[編集] 概要

namespace std {
    // types T1, T2, ... are unspecified implementation types
    /*T1*/ resetiosflags(ios_base::fmtflags mask);
    /*T2*/ setiosflags (ios_base::fmtflags mask);
    /*T3*/ setbase(int base);
    template<charT> /*T4*/ setfill(charT c);
    /*T5*/ setprecision(int n);
    /*T6*/ setw(int n);
    template <class moneyT> /*T7*/ get_money(moneyT& mon, bool intl = false);
    template <class moneyT> /*T8*/ put_money(const moneyT& mon, bool intl = false);
    template <class charT> /*T9*/ get_time(struct tm* tmb, const charT* fmt);
    template <class charT> /*T10*/ put_time(const struct tm* tmb, const charT* fmt);
    template <class CharT>
    /*T11*/ quoted(const CharT* s,
            CharT delim = CharT('"'), CharT escape = CharT('\\'));
    template <class CharT, class Traits, class Allocator>
    /*T12*/ quoted(const std::basic_string<CharT, Traits, Allocator>& s,
            CharT delim = CharT('"'), CharT escape = CharT('\\'));
    template< class CharT, class Traits>
    /*T13*/ quoted(std::basic_string_view<CharT, Traits> s,
            CharT delim = CharT('"'), CharT escape = CharT('\\'));
    template< class CharT, class Traits, class Allocator >
    /*T14*/ quoted(std::basic_string<CharT, Traits, Allocator>& s,
            CharT delim = CharT('"'), CharT escape = CharT('\\'));
}