名前空間
変種
操作

標準ライブラリヘッダ <cfloat>

提供: cppreference.com
< cpp‎ | header
 
 
 

このヘッダは元々 C 標準ライブラリに <float.h> として存在していました。

このヘッダは型サポートライブラリの一部で、特に C の数値限界インタフェースの一部です。

[編集] マクロ

FLT_RADIX
3種類の浮動小数点型すべてを表現するために使用される基数
(マクロ定数) [edit]
DECIMAL_DIG
(C++11)
long double から10進数に変換し、再び long double に戻した時に元の値と等しくなるために最低限必要な、その10進数の桁数。 これは long double をシリアライズ、デシリアライズするために必要な10進数の精度です (std::numeric_limits::max_digits10 も参照してください)。
(マクロ定数) [edit]
FLT_DECIMAL_DIGDBL_DECIMAL_DIGLDBL_DECIMAL_DIG
(C++17)
float, double, long double から10進数に変換し、再び元の型に戻した時に元の値と等しくなるために最低限必要な、その10進数の桁数。 これは浮動小数点値をシリアライズ、デシリアライズするために必要な精度です。 (std::numeric_limits::max_digits10 も参照してください)。 それぞれ少なくとも 6, 10, 10 以上の値に定義されます。 IEEE float の場合は 9、 IEEE double の場合は 17 です
(マクロ定数) [edit]
FLT_MIN_10_EXPDBL_MIN_10_EXPLDBL_MIN_10_EXP
float, double, long double において 10 の n-1 乗が正規化数であるような最も小さな負の整数 n
(マクロ定数) [edit]
FLT_TRUE_MINDBL_TRUE_MINLDBL_TRUE_MIN
(C++17)
float, double, long double の最も小さな正の値
(マクロ定数) [edit]
FLT_MAXDBL_MAXLDBL_MAX
float, double, long double の最大値
(マクロ定数) [edit]
FLT_EPSILONDBL_EPSILONLDBL_EPSILON
float, double, long double における 1.0 とその次の表現可能な値の差
(マクロ定数) [edit]
FLT_DIGDBL_DIGLDBL_DIG
文字列から float, double, long double に変換し、再び文字列に戻したときに丸めやオーバーフローによる変化を起こさず維持されることが保証される10進数の桁数 (詳細は std::numeric_limits::digits10 を参照してください)
(マクロ定数) [edit]
FLT_MANT_DIGDBL_MANT_DIGLDBL_MANT_DIG
float, double, long double において精度を失わずに表現できる FLT_RADIX 進数の桁数
(マクロ定数) [edit]
FLT_MIN_EXPDBL_MIN_EXPLDBL_MIN_EXP
float, double, long double において FLT_RADIX の n-1 乗が正規化数であるような最も小さな負の整数 n
(マクロ定数) [edit]
FLT_MIN_10_EXPDBL_MIN_10_EXPLDBL_MIN_10_EXP
float, double, long double において 10 の n-1 乗が正規化数であるような最も小さな負の整数 n
(マクロ定数) [edit]
FLT_MAX_EXPDBL_MAX_EXPLDBL_MAX_EXP
float, double, long double において FLT_RADIX の n-1 乗が正規化数であるような最も大きな正の整数 n
(マクロ定数) [edit]
FLT_MAX_10_EXPDBL_MAX_10_EXPLDBL_MAX_10_EXP
float, double, long double において 10 の n-1 乗が正規化数であるような最も大きな正の整数 n
(マクロ定数) [edit]
浮動小数点算術のデフォルトの丸めモード
(マクロ定数) [edit]
すべての算術演算がどの精度で行われるかを表します
(マクロ定数) [edit]
FLT_HAS_SUBNORMDBL_HAS_SUBNORMLDBL_HAS_SUBNORM
(C++17)
型が非正規化数をサポートするかどうかを表します。 -1(不明)、0(なし)、1(あり)
(マクロ定数) [edit]

[編集] 概要

#define FLT_ROUNDS /*see definition*/
#define FLT_EVAL_METHOD /*see definition*/
#define FLT_HAS_SUBNORM /*see definition*/
#define DBL_HAS_SUBNORM /*see definition*/
#define LDBL_HAS_SUBNORM /*see definition*/
#define FLT_RADIX /*see definition*/
#define FLT_MANT_DIG /*see definition*/
#define DBL_MANT_DIG /*see definition*/
#define LDBL_MANT_DIG /*see definition*/
#define FLT_DECIMAL_DIG /*see definition*/
#define DBL_DECIMAL_DIG /*see definition*/
#define LDBL_DECIMAL_DIG /*see definition*/
#define DECIMAL_DIG /*see definition*/
#define FLT_DIG /*see definition*/
#define DBL_DIG /*see definition*/
#define LDBL_DIG /*see definition*/
#define FLT_MIN_EXP /*see definition*/
#define DBL_MIN_EXP /*see definition*/
#define LDBL_MIN_EXP /*see definition*/
#define FLT_MIN_10_EXP /*see definition*/
#define DBL_MIN_10_EXP /*see definition*/
#define LDBL_MIN_10_EXP /*see definition*/
#define FLT_MAX_EXP /*see definition*/
#define DBL_MAX_EXP /*see definition*/
#define LDBL_MAX_EXP /*see definition*/
#define FLT_MAX_10_EXP /*see definition*/
#define DBL_MAX_10_EXP /*see definition*/
#define LDBL_MAX_10_EXP /*see definition*/
#define FLT_MAX /*see definition*/
#define DBL_MAX /*see definition*/
#define LDBL_MAX /*see definition*/
#define FLT_EPSILON /*see definition*/
#define DBL_EPSILON /*see definition*/
#define LDBL_EPSILON /*see definition*/
#define FLT_MIN /*see definition*/
#define DBL_MIN /*see definition*/
#define LDBL_MIN /*see definition*/
#define FLT_TRUE_MIN /*see definition*/
#define DBL_TRUE_MIN /*see definition*/
#define LDBL_TRUE_MIN /*see definition*/