名前空間
変種
操作

std::filesystem::path::compare

提供: cppreference.com
< cpp‎ | filesystem‎ | path
 
 
 
 
int compare( const path& p ) const noexcept;
(1) (C++17以上)
int compare( const string_type& str ) const;
int compare( std::basic_string_view<value_type> str ) const;
(2) (C++17以上)
int compare( const value_type* s ) const;
(3) (C++17以上)

パスと別のパスの字句的表現を比較します。

1) root_name().native().compare(p.root_name().native()) が非ゼロの場合は、その値を返します。
そうでなく、 has_root_directory() != p.has_root_directory() の場合は、has_root_directory()false であればゼロより小さな値、そうでなければゼロより大きな値を返します。
そうでなければ、パスの相対部分 (relative_path()) が p の相対部分 (p.relative_path()) より辞書的に小さい、等しい、または大きい場合に、それぞれ 0 より小さい、等しい、または大きい値を返します。 比較は、両方のパスを begin() から end() までイテレートし、それぞれの要素に対して native() の結果を比較したかのように、要素ごとに行われます。
2) compare(path(str)) と同等です。
3) compare(path(s)) と同等です。

目次

[編集] 引数

p - 比較するパス
str - 比較するパスを表す文字列または文字列ビュー
s - 比較するパスを表すヌル終端文字列

[編集] 戻り値

パスが指定されたパスより辞書的に小さければ 0 より小さい値。

パスが指定されたパスと辞書的に等しければ 0 と等しい値。

パスが指定されたパスより辞書的に大きければ 0 より大きい値。

[編集] 例外

2-3) (なし)

[編集] ノート

二方比較に対しては二項演算子の方が適している場合があります。

[編集]

#include <iostream>
#include <filesystem>
namespace fs = std::filesystem;
void demo(int rc, fs::path p1, fs::path p2) {
    if(rc < 0) std::cout << p1 << " < " << p2 << '\n';
    else if(rc > 0) std::cout << p1 << " > "  << p2 << '\n';
    else if(rc == 0) std::cout << p1 << "==" << p2 << '\n';
}
int main() {
    fs::path p1 = "/a/b/"; // as if "a/b/." for lexicographical iteration
    fs::path p2 = "/a/b/#";
    demo(p1.compare(p2), p1, p2);
    demo(p1.compare("a/b/_"), p1, "a/b/_");
}

出力:

"/a/b/" > "/a/b/#"
"/a/b/" < "a/b/_"

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2936 C++17 compared all path elements directly root name and root directory handled separately

[編集] 関連項目

2つのパスを辞書的に比較します
(関数) [edit]