名前空間
変種
操作

std::filesystem::directory_entry::directory_entry

提供: cppreference.com
 
 
 
 
directory_entry() noexcept = default;
(1) (C++17以上)
directory_entry( const directory_entry& ) = default;
(2) (C++17以上)
directory_entry( directory_entry&& ) noexcept = default;
(3) (C++17以上)
explicit directory_entry( const std::filesystem::path& p );
directory_entry( const std::filesystem::path& p, std::error_code& ec );
(4) (C++17以上)

新しい directory_entry オブジェクトを構築します。

1) デフォルトコンストラクタ。
2) デフォルト化されたコピーコンストラクタ。
3) デフォルト化されたムーブコンストラクタ。
4) パス p を使用してディレクトリエントリを初期化し、キャッシュされた属性を更新するために refresh を呼びます。 エラーが発生した場合、例外を投げないオーバーロードはデフォルト構築されたパスを保持する directory_entry を構築します。

[編集] 引数

p - ディレクトリエントリが参照するファイルシステムオブジェクトを指すパス
ec - 例外を投げないオーバーロードでエラーを報告するための出力引数

[編集] 例外

std::error_code& 引数を取らないオーバーロードは、ベースとなる OS の API でエラーが発生した場合、第1パス引数に p、エラーコード引数に OS のエラーコードを指定して構築された filesystem_error を投げます。 std::error_code& 引数を取るオーバーロードは、 OS の API 呼び出しが失敗した場合、その引数を OS の API のエラーコードに設定し、エラーが発生しない場合は ec.clear() を実行します。 noexcept 指定のないあらゆるオーバーロードは、メモリ確保に失敗した場合 std::bad_alloc を投げる可能性があります。

[編集]