名前空間
変種
操作

std::filesystem::create_directory, std::filesystem::create_directories

提供: cppreference.com
 
 
 
ヘッダ <filesystem> で定義
bool create_directory( const std::filesystem::path& p );
bool create_directory( const std::filesystem::path& p, std::error_code& ec ) noexcept;
(1) (C++17以上)
bool create_directory( const std::filesystem::path& p,

                       const std::filesystem::path& existing_p );
bool create_directory( const std::filesystem::path& p,
                       const std::filesystem::path& existing_p,

                       std::error_code& ec ) noexcept;
(2) (C++17以上)
bool create_directories( const std::filesystem::path& p );
bool create_directories( const std::filesystem::path& p, std::error_code& ec );
(3) (C++17以上)
1) 第2引数に static_cast<int>(std::filesystem::perms::all) を指定して POSIX の mkdir() を呼んだかのように、ディレクトリ p を作成します (親ディレクトリはすでに存在していなければなりません)。 p が既存のディレクトリに解決されるためにこの関数が失敗した場合は、エラーは報告されません。 それ以外で失敗した場合は、エラーが報告されます。
2) (1) と同じですが、新しいディレクトリの属性は existing_p からコピーされます (existing_p は存在するディレクトリでなければなりません)。 どの属性がコピーされるかは OS 依存です。 POSIX システムでは、属性は以下のように行われたかのようにコピーされます。
stat(existing_p.c_str(), &attributes_stat)
mkdir(p.c_str(), attributes_stat.st_mode)
Windows OS では、 existing_p の属性はコピーされません。
3) p のまだ存在しないすべての要素について (1) を実行します。 p がすでに存在する場合、この関数は何もしません (この状況はエラーとして扱われません)。

例外を投げないオーバーロードは、エラーが発生した場合、 false を返します。

目次

[編集] 引数

p - 作成する新しいディレクトリを指すパス
existing_p - 属性をコピーするディレクトリを指すパス
ec - 例外を投げないオーバーロードでエラーを報告するための出力引数

[編集] 戻り値

ディレクトリ p の解決先にディレクトリが作成された場合は true、そうでなければ false

[編集] 例外

1,3) std::error_code& 引数を取らないオーバーロードは、ベースとなる OS の API でエラーが発生した場合、第1パス引数に p、エラーコード引数に OS のエラーコードを指定して構築された filesystem_error を投げます。 std::error_code& 引数を取るオーバーロードは、 OS の API 呼び出しが失敗した場合、その引数を OS の API のエラーコードに設定し、エラーが発生しない場合は ec.clear() を実行します。 noexcept 指定のないあらゆるオーバーロードは、メモリ確保に失敗した場合 std::bad_alloc を投げる可能性があります。
2) std::error_code& 引数を取らないオーバーロードは、ベースとなる OS の API でエラーが発生した場合、第1パス引数に p、第2パス引数に existing_p、エラーコード引数に OS のエラーコードを指定して構築された filesystem_error を投げます。 std::error_code& 引数を取るオーバーロードは、 OS の API 呼び出しが失敗した場合、その引数を OS の API のエラーコードに設定し、エラーが発生しない場合は ec.clear() を実行します。 noexcept 指定のないあらゆるオーバーロードは、メモリ確保に失敗した場合 std::bad_alloc を投げる可能性があります。

[編集] ノート

属性を維持するオーバーロード (2) は、ディレクトリを再帰的にコピーするときに copy() によって暗黙に呼ばれます。 boost.filesystem の copy_directory と同等です (引数の順番は逆になっています)。

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2935 C++17 error if target already exists but isn't a directory not error
LWG 3014 C++17 error_code overload of create_directories marked noexcept but can allocate memory noexcept removed

[編集]

#include <iostream>
#include <fstream>
#include <cstdlib>
#include <filesystem>
namespace fs = std::filesystem;
 
int main()
{
    fs::create_directories("sandbox/1/2/a");
    fs::create_directory("sandbox/1/2/b");
    fs::permissions("sandbox/1/2/b", fs::perms::remove_perms | fs::perms::others_all);
    fs::create_directory("sandbox/1/2/c", "sandbox/1/2/b");
    std::system("ls -l sandbox/1/2");
    fs::remove_all("sandbox");
}

出力例:

drwxr-xr-x 2 user group 4096 Apr 15 09:33 a
drwxr-x--- 2 user group 4096 Apr 15 09:33 b
drwxr-x--- 2 user group 4096 Apr 15 09:33 c

[編集] 関連項目

シンボリックリンクを作成します
(関数) [edit]
(C++17)
ファイルまたはディレクトリをコピーします
(関数) [edit]
(C++17)
ファイルシステムのパーミッションを表します
(列挙) [edit]