名前空間
変種
操作

機能テスト (C++20)

提供: cppreference.com
< cpp

標準は C++11 またはそれ以降に導入された C++ の言語およびライブラリの機能に対応するプリプロセッサマクロの集合を定義しています。 これらは各機能の存在を検出するためのシンプルかつ移植性のある方法として意図されています。

目次

[編集] 属性

__has_cpp_attribute( attribute-token )

属性の存在をチェックします。

標準の属性の場合は、その属性がワーキングドラフトに追加された年と月に展開されます (下の表を参照してください)。 ベンダ固有の属性は非ゼロの値によって判定されます。

__has_cpp_attribute#if および #elif の式内で展開できます。 これらは #ifdef#ifndef および defined によって定義済みのマクロとして扱われますが、それ以外のいかなる場所でも使用することはできません。

attribute-token 属性 標準
assert [[assert]] 201806L (C++20)
carries_dependency [[carries_dependency]] 200809L (C++11)
deprecated [[deprecated]] 201309L (C++14)
ensures [[ensures]] 201806L (C++20)
expects [[expects]] 201806L (C++20)
fallthrough [[fallthrough]] 201603L (C++17)
likely [[likely]] 201803L (C++20)
maybe_unused [[maybe_unused]] 201603L (C++17)
no_unique_address [[no_unique_address]] 201803L (C++20)
nodiscard [[nodiscard]] 201603L (C++17)
noreturn [[noreturn]] 200809L (C++11)
unlikely [[unlikely]] 201803L (C++20)

[編集] 言語の機能

以下のマクロはすべての翻訳単位内で定義済みです。 各マクロはそれぞれ対応する機能がワーキングドラフトに含まれた年と月に対応する整数リテラルに展開されます。

機能が大幅に変更されたときは、マクロもそれに応じて更新されます。

マクロの名前 機能 標準
__cpp_aggregate_bases 集成体初期化の拡張 201603L (C++17)
__cpp_aggregate_nsdmi メンバ初期化子と集成体 201304L (C++14)
__cpp_alias_templates テンプレートエイリアス 200704L (C++11)
__cpp_aligned_new 過剰にアラインされたデータのための動的メモリ確保 201606L (C++17)
__cpp_attributes 属性 200809L (C++11)
__cpp_binary_literals C++ コア言語における2進リテラル 201304L (C++14)
__cpp_capture_star_this [=,*this] としての値による *this のラムダキャプチャ 201603L (C++17)
__cpp_char8_t char8_t 201811L (C++20)
__cpp_conditional_explicit explicit(bool) 201806L (C++20)
__cpp_constexpr constexpr 200704L (C++11)
constexpr 関数に対する制約の緩和 / constexpr メンバ関数と暗黙の const 201304L (C++14)
constexpr ラムダ 201603L (C++17)
__cpp_decltype decltype 200707L (C++11)
__cpp_decltype_auto 普通の関数に対する戻り値の型の推定 201304L (C++14)
__cpp_deduction_guides クラステンプレートに対するテンプレートの実引数推定 201703L (C++17)
__cpp_delegating_constructors 委譲コンストラクタ 200604L (C++11)
__cpp_enumerator_attributes 列挙子に対する属性 201411L (C++17)
__cpp_fold_expressions 畳み込み式 201603L (C++17)
__cpp_generic_lambdas 総称 (多相) ラムダ式 201304L (C++14)
__cpp_guaranteed_copy_elision 単純化された値カテゴリによる保証されたコピー省略 201606L (C++17)
__cpp_hex_float 16進浮動小数点リテラル 201603L (C++17)
__cpp_if_constexpr constexpr if 201606L (C++17)
__cpp_impl_destroying_delete destroying operator delete (コンパイラの対応) 201806L (C++20)
__cpp_impl_three_way_comparison 三方比較 (コンパイラの対応) 201711L (C++20)
__cpp_inheriting_constructors 継承コンストラクタ 200802L (C++11)
継承コンストラクタの文面の修正 201511L (C++17)
__cpp_init_captures 一般化されたラムダキャプチャ 201304L (C++14)
__cpp_initializer_lists 初期化子リスト 200806L (C++11)
__cpp_inline_variables インライン変数 201606L (C++17)
__cpp_lambdas ラムダ式 200907L (C++11)
__cpp_namespace_attributes 名前空間に対する属性 201411L (C++17)
__cpp_noexcept_function_type 例外指定を型システムの一部とする 201510L (C++17)
__cpp_nontype_template_args すべての非型テンプレート引数に対して定数評価を可能とする 201411L (C++17)
__cpp_nontype_template_parameter_auto 非型テンプレート引数auto で宣言 201606L (C++17)
__cpp_nontype_template_parameter_class 非型テンプレート引数におけるクラス型 201806L (C++20)
__cpp_nsdmi 非静的データメンバの初期化子 200809L (C++11)
__cpp_range_based_for 範囲ベースの for ループ 200907L (C++11)
一般化された範囲ベースの for ループ 201603L (C++17)
__cpp_raw_strings 生文字列リテラル 200710L (C++11)
__cpp_ref_qualifiers 参照修飾子 200710L (C++11)
__cpp_return_type_deduction 普通の関数に対する戻り値の型の推定 201304L (C++14)
__cpp_rvalue_references 右辺値参照 200610L (C++11)
__cpp_sized_deallocation サイズ付き解放 201309L (C++14)
__cpp_static_assert static_assert 200410L (C++11)
拡張された static_assert 201411L (C++17)
__cpp_structured_bindings 構造化束縛 201606L (C++17)
__cpp_template_template_args テンプレートテンプレート引数のマッチング 201611L (C++17)
__cpp_threadsafe_static_init 動的初期化および破棄のマルチスレッド対応 200806L (C++11)
__cpp_unicode_characters 新しい文字型 (char16_tchar32_t) 200704L (C++11)
__cpp_unicode_literals Unicode 文字列リテラル 200710L (C++11)
__cpp_user_defined_literals ユーザ定義リテラル 200809L (C++11)
__cpp_variable_templates 変数テンプレート 201304L (C++14)
__cpp_variadic_templates 可変長引数テンプレート 200704L (C++11)
__cpp_variadic_using using 宣言におけるパック展開 201611L (C++17)

[編集] ライブラリの機能

ヘッダ <version> または以下の表内の対応するヘッダがインクルードされると、以下のマクロが定義されます。 各マクロはそれぞれ対応する機能がワーキングドラフトに含まれた年と月に対応する整数リテラルに展開されます。

機能が大幅に変更されたときは、マクロもそれに応じて更新されます。

マクロの名前 機能 ヘッダ 標準
__cpp_lib_addressof_constexpr constexpr std::addressof 201603L <memory> (C++17)
__cpp_lib_allocator_traits_is_always_equal std::allocator_traits::is_always_equal 201411L <memory> <scoped_allocator> <string> <deque> <forward_list> <list> <vector> <map> <set> <unordered_map> <unordered_set> (C++17)
__cpp_lib_any std::any 201606L <any> (C++17)
__cpp_lib_apply std::apply 201603L <tuple> (C++17)
__cpp_lib_array_constexpr std::reverse_iteratorstd::move_iteratorstd::array および範囲アクセスに constexpr 修飾子を追加 201603L <iterator> <array> (C++17)
__cpp_lib_as_const std::as_const 201510L <utility> (C++17)
__cpp_lib_atomic_is_always_lock_free constexpr atomic<T>::is_always_lock_free 201603L <atomic> (C++17)
__cpp_lib_atomic_ref std::atomic_ref 201806L <atomic> (C++20)
__cpp_lib_bind_front std::bind_front <functional> (C++20)
__cpp_lib_bit_­cast std::bit_cast 201806L <bit> (C++20)
__cpp_lib_bool_constant std::bool_constant 201505L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_boyer_moore_searcher 検索子 201603L <functional> (C++17)
__cpp_lib_byte バイト型の定義 201603L <cstddef> (C++17)
__cpp_lib_chrono std::chrono::duration および std::chrono::time_point に対する丸め関数 201510L <chrono> (C++17)
std::chrono::duration および std::chrono::time_point のすべてのメンバ関数を constexpr にする 201611L <chrono> (C++17)
__cpp_lib_chrono_udls 時間型のためのユーザ定義リテラル 201304L <chrono> (C++14)
__cpp_lib_clamp 一組の境界値の間に値を「クランプ」するためのアルゴリズム (std::clamp) 201603L <algorithm> (C++17)
__cpp_lib_complex_udls std::complex のためのユーザ定義リテラル 201309L <complex> (C++14)
__cpp_­lib_­concepts 標準ライブラリコンセプト 201806L <concepts> (C++20)
__cpp_lib_constexpr_misc 雑多な機能に対する constexpr 201811L <array> <functional> <iterator> <string_view> <tuple> <utility> (C++20)
__cpp_­lib_­constexpr_­swap_­algorithms swap と swap 関連関数に対する constexpr 201806L <algorithm> (C++20)
__cpp_lib_destroying_delete destroying operator delete (ライブラリの対応) 201806L <new> (C++20)
__cpp_lib_enable_shared_from_this shared_from_this の再有効化 201603L <memory> (C++17)
__cpp_lib_exchange_function exchange() ユーティリティ関数 201304L <utility> (C++14)
__cpp_lib_execution 実行ポリシー 201603L <execution> (C++17)
__cpp_lib_filesystem ファイルシステムライブラリ 201703L <filesystem> (C++17)
__cpp_lib_gcd_lcm std::gcdstd::lcm 201606L <numeric> (C++17)
__cpp_lib_generic_associative_lookup 連想コンテナに異種混合比較検索を追加 201304L <map> <set> (C++14)
__cpp_lib_generic_unordered_lookup 非順序連想コンテナに異種混合比較検索を追加 <unordered_map> <unordered_set> (C++20)
__cpp_lib_hardware_interference_size constexpr std::hardware_{constructive, destructive}_interference_size 201703L <new> (C++17)
__cpp_lib_has_unique_object_representations std::has_unique_object_representations 201606L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_hypot std::hypot の3引数オーバーロード 201603L <cmath> (C++17)
__cpp_lib_incomplete_container_elements 標準コンテナに対する最小限の不完全型サポート 201505L <forward_list> <list> <vector> (C++17)
__cpp_lib_integer_sequence コンパイル時整数列 201304L <utility> (C++14)
__cpp_lib_integral_constant_callable std::integral_constant::operator() 201304L <type_traits> (C++14)
__cpp_lib_invoke std::invoke 関数テンプレート 201411L <functional> (C++17)
__cpp_lib_is_aggregate std::is_aggregate 型特性 201703L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_is_final std::is_final 201402L <type_traits> (C++14)
__cpp_lib_is_invocable std::is_invocablestd::invoke_result 201703L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_is_null_pointer std::is_null_pointer 201309L <type_traits> (C++14)
__cpp_lib_is_swappable [nothrow-]swappable 型特性 201603L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_launder Core Issue 1776: 参照メンバを含むクラスオブジェクトの置き換え (std::launder) 201606L <new> (C++17)
__cpp_­lib_­list_­remove_­return_­type std::forward_list および std::list のメンバ remove()remove_if() および unique() の戻り値の型の変更 201806L <forward_list> <list> (C++20)
__cpp_lib_logical_traits 論理演算子型特性 201510L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_make_from_tuple std::make_from_tuple: コンストラクタに対する apply 201606L <tuple> (C++17)
__cpp_lib_make_reverse_iterator std::make_reverse_iterator 201402L <iterator> (C++14)
__cpp_lib_make_unique std::make_unique 201304L <memory> (C++14)
__cpp_lib_map_try_emplace std::map::try_emplacestd::map::insert_or_assign 201411L <map> (C++17)
__cpp_lib_math_special_functions C++17 のための数学の特殊関数 201603L <cmath> (C++17)
__cpp_lib_memory_resource std::pmr::memory_resource 201603L <memory_resource> (C++17)
__cpp_lib_node_extract map と set のスプライシング (std::map::extractstd::map::mergestd::map::insert(node_type) など) 201606L <map> <set> <unordered_map> <unordered_set> (C++17)
__cpp_lib_nonmember_container_access 非メンバの size() その他 (統一コンテナアクセス) 201411L <iterator> <array> <deque> <forward_list> <list> <map> <regex> <set> <string> <unordered_map> <unordered_set> <vector> (C++17)
__cpp_lib_not_fn std::not_fn 201603L <functional> (C++17)
__cpp_lib_null_iterators ヌル前方イテレータ 201304L <iterator> (C++14)
__cpp_lib_optional std::optional 201606L <optional> (C++17)
__cpp_lib_parallel_algorithm C++17 のために並列処理 TS を適合させる 201603L <algorithm> <numeric> (C++17)
__cpp_lib_quoted_string_io std::quoted 201304L <iomanip> (C++14)
__cpp_lib_raw_memory_algorithms メモリ管理ツールの拡張 201606L <memory> (C++17)
__cpp_lib_result_of_sfinae std::result_of と SFINAE 201210L <functional> <type_traits> (C++14)
__cpp_lib_robust_nonmodifying_seq_ops 非変更シーケンス操作をより頑強にする (std::mismatchstd::equal および std::is_permutation に対する2範囲オーバーロード) 201304L <algorithm> (C++14)
__cpp_lib_sample std::sample 201603L <algorithm> (C++17)
__cpp_lib_scoped_lock 可変長引数版の std::lock_guard (std::scoped_lock) 201703L <mutex> (C++17)
__cpp_lib_shared_mutex std::shared_mutex (タイムアウト付きでない) 201505L <shared_mutex> (C++17)
__cpp_lib_shared_ptr_arrays std::shared_ptr<T[]> 201611L <memory> (C++17)
__cpp_lib_shared_ptr_weak_type shared_ptr::weak_type 201606L <memory> (C++17)
__cpp_lib_shared_timed_mutex shared_mutexshared_timed_mutex に名前変更 201402L <shared_mutex> (C++14)
__cpp_lib_string_udls 文字列型のためのユーザ定義リテラル 201304L <string> (C++14)
__cpp_lib_string_view std::string_view 201606L <string> <string_view> (C++17)
__cpp_lib_three_way_comparison 三方比較 (ライブラリの対応) 201711L <compare> (C++20)
__cpp_lib_to_chars 初等文字列変換 (std::to_charsstd::from_chars) 201611L <charconv> (C++17)
__cpp_lib_transformation_trait_aliases 戻ってきた TransformationTraits 201304L <type_traits> (C++14)
__cpp_lib_transparent_operators 透過的な演算子関数オブジェクト (std::less<> など) 201210L <functional> (C++14)
std::owner_less をより柔軟にする (std::owner_less<void>) 201510L <memory> <functional> (C++17)
__cpp_lib_tuple_element_t std::tuple_element_t 201402L <tuple> (C++14)
__cpp_lib_tuples_by_type 型によるタプルのアドレッシング 201304L <utility> <tuple> (C++14)
__cpp_lib_type_trait_variable_templates 型特性の変数テンプレート (std::is_void_v など) 201510L <type_traits> (C++17)
__cpp_lib_uncaught_exceptions std::uncaught_exceptions 201411L <exception> (C++17)
__cpp_lib_unordered_map_try_emplace std::unordered_map::try_emplacestd::unordered_map::insert_or_assign 201411L <unordered_map> (C++17)
__cpp_lib_variant std::variant: C++17 のための型安全な共用体 201606L <variant> (C++17)
__cpp_lib_void_t std::void_t 201411L <type_traits> (C++17)

[編集]

#ifdef __has_include                           // __has_include が存在するかどうかチェック。
#  if __has_include(<optional>)                // 標準ライブラリに対するチェック。
#    include <optional>
#  elif __has_include(<experimental/optional>) // 実験的なバージョンに対するチェック。
#    include <experimental/optional>
#  elif __has_include(<boost/optional.hpp>)    // 外部のライブラリを試す。
#    include <boost/optional.hpp>
#  else                                        // まったく何も見付からなかった。
#     error "Missing <optional>"
#  endif
#endif
 
#ifdef __has_cpp_attribute                      // __has_cpp_attribute が存在するかどうかチェック。
#    define DEPRECATED(msg) [[deprecated(msg)]]
#  endif
#endif
#ifndef DEPRECATED
#    define DEPRECATED(msg)
#endif
 
DEPRECATED("foo() has been deprecated") void foo();
 
#if __cpp_constexpr >= 201304                   // 機能の特定のバージョンに対するチェック。
#  define CONSTEXPR constexpr
#else
#  define CONSTEXPR inline
#endif
 
CONSTEXPR int bar(unsigned i)
{
#if __cpp_binary_literals                    // 機能の存在に対するチェック。
    unsigned mask1 = 0b11000000;
    unsigned mask2 = 0b00000111;
#else
    unsigned mask1 = 0xC0;
    unsigned mask2 = 0x07;
#endif
    if ( i & mask1 )
        return 1;
    if ( i & mask2 )
        return 2;
    return 0;
}
 
int main()
{
}


[編集] 関連項目

Standing Document 6 機能テスト勧告の公式のドキュメント