名前空間
変種
操作

std::terminate_handler

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error
 
 
 
 
ヘッダ <exception> で定義
typedef void (*terminate_handler)();

std::terminate_handler は関数 std::set_terminate および std::get_terminate によって設定および取得でき、 std::terminate によって呼ばれる、関数ポインタ型 (引数を取らず void を返す関数へのポインタ) です。

C++ の処理系は、 std::abort() を呼ぶデフォルトの std::terminate_handler 関数を提供します。 ヌルポインタ値を (std::set_terminate によって) 設定した場合、処理系は代わりにデフォルトのハンドラを復元するかもしれません。

[編集] 関連項目

例外処理が失敗したときに呼ばれる関数
(関数) [edit]
std::terminate によって呼ばれる関数を変更します
(関数) [edit]
現在の terminate_handler を取得します
(関数) [edit]