名前空間
変種
操作

std::set_unexpected

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error
 
 
 
 
ヘッダ <exception> で定義
(C++11で非推奨)
(C++17で削除)

f を新しいグローバルな std::unexpected_handler に設定し、以前設定されていた std::unexpected_handler を返します。

この関数はスレッドセーフです。 std::set_unexpected のすべての呼び出しは後続の std::set_unexpected および std::get_unexpected に対して同期します (std::memory_order を参照してください)。

(C++11およびそれ以降)

目次

[編集] 引数

f - std::unexpected_handler 型の関数へのポインタ、またはヌルポインタ

[編集] 戻り値

以前設定されていた unexpected ハンドラ、または何も設定されていなかった場合はヌルポインタ値。

[編集] 例外

(なし) (C++11以前)
noexcept 指定:  
noexcept
  
(C++11およびそれ以降)

[編集] 関連項目

(C++17で削除)
動的例外指定に違反したときに呼ばれる関数
(関数) [edit]
(C++11)(C++17で削除)
現在の unexpected_handler を取得します
(関数) [edit]
(C++17で削除)
std::unexpected によって呼ばれる関数の型
(typedef) [edit]