名前空間
変種
操作

std::length_error

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error
 
 
 
 
 
ヘッダ <stdexcept> で定義
class length_error;

例外として投げられるオブジェクトの型を定義します。 この例外は何らかのオブジェクトに対する処理系定義の長さの制限を超過しようとした結果生じるエラーを報告します。

この例外は std::basic_string のメンバ関数および std::vector::reserve によって投げられます。

cpp/error/exceptioncpp/error/logic errorstd-length error-inheritance.svg
画像の詳細

継承図

目次

[編集] メンバ関数

コンストラクタ
例外オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]

std::length_error::length_error

explicit length_error( const std::string& what_arg );
(1)
explicit length_error( const char* what_arg );
(2) (C++11およびそれ以降)

what() でアクセス可能な説明文字列として what_arg を持つ例外オブジェクトを構築します。

std::exception から派生する標準ライブラリのクラスはコピーされる際に例外を投げることが許されないため、このメッセージは一般的には別に確保された参照カウント管理の文字列として内部的に格納されます。 これは std::string&& を取るコンストラクタが無い理由でもあります。 どのみち内容をコピーしなければならないのです。

引数

what_arg - 説明文字列

例外

std::bad_alloc を投げる場合があります

std::exception から継承

メンバ関数

例外オブジェクトを破棄します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
説明文字列を返します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]


[編集] 関連項目

格納されている文字の数を変更します
(std::basic_stringのパブリックメンバ関数) [edit]