名前空間
変種
操作

std::get_unexpected

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error
 
 
 
 
ヘッダ <exception> で定義
std::unexpected_handler get_unexpected() noexcept;
(C++11およびそれ以降)
(非推奨)
(C++17で削除)

現在設定されている std::unexpected_handler を返します。 ヌルポインタの場合もあります。

この関数はスレッドセーフです。 std::set_unexpected の以前の呼び出しは後続のこの関数の呼び出しに対して同期します (std::memory_order を参照してください)。

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

現在設定されている std::unexpected_handler

[編集] 関連項目

(C++17で削除)
std::unexpected によって呼ばれる関数の型
(typedef) [edit]
(C++17で削除)
std::unexpected によって呼ばれる関数を変更します
(関数) [edit]