名前空間
変種
操作

operator==,!=,<(std::error_condition)

提供: cppreference.com
 
 
 
 
 
ヘッダ <system_error> で定義
bool operator==( const error_condition& lhs, const error_condition& rhs ) noexcept;
(1) (C++11以上)
bool operator!=( const error_condition& lhs, const error_condition& rhs ) noexcept;
(2) (C++11以上)
bool operator<( const error_condition& lhs, const error_condition& rhs ) noexcept;
(3) (C++11以上)
bool operator==( const error_code& code, const error_condition& cond ) noexcept;
(4) (C++11以上)
bool operator==( const error_condition& cond, const error_code& code ) noexcept;
(4) (C++11以上)
bool operator!=( const error_code& code, const error_condition& cond ) noexcept;
(5) (C++11以上)
bool operator!=( const error_condition& cond, const error_code& code ) noexcept;
(5) (C++11以上)

2つのエラーコンディションを比較します。

1) lhsrhs が等しいかどうか調べます。
2) lhsrhs が等しくないかどうか調べます。
3) lhsrhs より小さいかどうか調べます。
4) codecond にマッチするセマンティクスかどうか調べます。
5) codecond にマッチするセマンティクスでないかどうか調べます。

[編集] 引数

lhs, rhs - 比較するエラーコンディション

[編集] 戻り値

1) エラーカテゴリとエラーの値が等しければ true
2) エラーカテゴリまたはエラーの値が等しくなければ true
3) lhs.category() < rhs.category() であれば true。 そうでなく lhs.category() == rhs.category() && lhs.value() < rhs.value() であれば true。 そうでなければ false
4) code.category().equivalent(code.value(), cond) または cond.category().equivalent(code, cond.value()) のどちらかであれば true
5) code.category().equivalent(code.value(), cond) または cond.category().equivalent(code, cond.value()) のどちらでもなければ true

[編集] 関連項目

[仮想]
error_codeerror_condition の同等性を比較します
(std::error_categoryの仮想パブリックメンバ関数) [edit]
2つの error_code を比較します
(関数) [edit]