名前空間
変種
操作

std::error_condition

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error
 
 
 
 
 
ヘッダ <system_error> で定義
class error_condition;
(C++11およびそれ以降)

std::error_condition はプラットフォーム非依存なエラーコードです。 std::error_code と同様に整数値と std::error_category, によって一意に識別されますが、 std::error_code と異なり値はプラットフォーム依存ではありません。

一般的な実装はひとつの整数のデータメンバ (値) と std::error_category を指すポインタを保持します。

目次

[編集] メンバ関数

error_condition を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
内容を置き換えます
(パブリックメンバ関数) [edit]
内容を置き換えます
(パブリックメンバ関数) [edit]
error_condition を generic_category の値 0 に設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
error_condition の値を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
この error_condition に対する error_category を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
説明文字列を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
値が非ゼロかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

error_condition と error_code を比較します
(関数) [edit]

[編集] ヘルパークラス

std::error_condition としての列挙型を識別します
(クラステンプレート) [edit]
std::error_condition に対するハッシュサポート
(クラステンプレートの特殊化) [edit]

[編集] 関連項目

プラットフォーム依存のエラーコードを保持します
(クラス) [edit]
エラーカテゴリのための基底クラス
(クラス) [edit]