名前空間
変種
操作

std::error_code::error_code

提供: cppreference.com
< cpp‎ | error‎ | error code
 
 
 
 
 
error_code() noexcept;
(1) (C++11以上)
error_code( int ec, const error_category& ecat ) noexcept;
(2) (C++11以上)
template< class ErrorCodeEnum >
error_code( ErrorCodeEnum e ) noexcept;
(3) (C++11以上)

新しいエラーコードを構築します。

1) デフォルト値を使用してエラーコードを構築します。 error_code(0, std::system_category()) と同等です。
2) プラットフォーム依存のエラーコードとして ec を、対応するエラーカテゴリとして ecat を使用してエラーコードを構築します。
3) エラーコードの列挙子 e からエラーコードを構築します。 *this = make_error_code(e) と同等です。 このオーバーロードは、 std::is_error_code_enum<ErrorCodeEnum>::value == true である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

[編集] 引数

ec - 構築に使用するプラットフォーム依存のエラーコード
ecat - ec に対応するエラーカテゴリ
e - 構築に使用するエラーコードの列挙子

[編集] 関連項目

std::errc のエラーコードを構築します
(関数) [edit]
入出力ストリームのエラーコードを構築します
(関数) [edit]
フューチャーのエラーコードを構築します
(関数) [edit]