名前空間
変種
操作

std::vector::clear

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | vector
 
 
 
 
void clear();
(C++11以前)
void clear() noexcept;
(C++11およびそれ以降)

コンテナからすべての要素を削除します。

格納されている要素を指すあらゆる参照、ポインタ、イテレータは無効化されます。 終端イテレータも無効化されます。  

vector の capacity() は変更されません (ノート: 標準の capacity 変更に対する制約は vector::reserve で規定されています。 [1] を参照してください)。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 計算量

コンテナのサイズ、つまり要素数に比例。

欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2231 C++11 complexity guarantee was mistakenly omitted in C++11 complexity reaffirmed as linear


[編集] 関連項目

要素を削除します
(パブリックメンバ関数) [edit]