名前空間
変種
操作

std::set::begin, std::set::cbegin

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | set
 
 
 
 
iterator begin();
(C++11未満)
iterator begin() noexcept;
(C++11以上)
const_iterator begin() const;
(C++11未満)
const_iterator begin() const noexcept;
(C++11以上)
const_iterator cbegin() const noexcept;
(C++11以上)

コンテナの最初の要素を指すイテレータを返します。

コンテナが空の場合は、返されたイテレータは end() と等しくなります。

range-begin-end.svg

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

最初の要素を指すイテレータ。

[編集] 計算量

一定。

[編集] ノート

iteratorconst_iterator はどちらも定数イテレータである (実際には同じ型かもしれない) ため、これらのメンバ関数のいずれによって返されたイテレータを通してもコンテナの要素を変更することはできません。

[編集]

#include <set>
#include <iostream>
 
int main() {
  std::set<int> set = { 6, 1, 3, 4, 2, 5 };
  for (auto it = set.begin(); it != set.end(); ++it)
    std::cout << *it << "\n";
}

出力例:

1
2
3
4
5
6

[編集] 関連項目

終端を指すイテレータを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]