名前空間
変種
操作

std::priority_queue::emplace

提供: cppreference.com
template< class... Args >
void emplace( Args&&... args );
(C++11以上)

新しい要素を優先度付きキューにプッシュします。 要素はその場で構築されます。 つまり、コピーやムーブは行われません。 要素のコンストラクタはこの関数に与えられたものとまったく同じ引数で呼ばれます。

実質的に c.emplace_back(std::forward<Args>(args)...); std::push_heap(c.begin(), c.end(), comp); を呼びます。

目次

[編集] 引数

args - 要素のコンストラクタに転送される引数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 計算量

比較数の対数と Container::emplace_back の計算量の合計


[編集] 関連項目

要素を挿入してベースとなるコンテナをソートします
(パブリックメンバ関数) [edit]
トップの要素を削除します
(パブリックメンバ関数) [edit]