名前空間
変種
操作

std::multimap::equal_range

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | multimap
 
 
 
 
std::pair<iterator,iterator> equal_range( const Key& key );
(1)
std::pair<const_iterator,const_iterator> equal_range( const Key& key ) const;
(2)
template< class K >
std::pair<iterator,iterator> equal_range( const K& x );
(3) (C++14およびそれ以降)
template< class K >
std::pair<const_iterator,const_iterator> equal_range( const K& x ) const;
(4) (C++14およびそれ以降)

コンテナ内の指定されたキーを持つすべての要素を含む範囲を返します。 範囲は2つのイテレータで示されます。 ひとつは key より小さくない最初の要素を指し、もうひとつは key より大きい最初の要素を指します。 代わりに lower_bound() を使用して最初の要素を取得し、 upper_bound() を使用して2番目の要素を取得することもできます。

1,2) キーと key を比較します。
3,4) キーと値 x を比較します。 このオーバーロードは、修飾された識別子 Compare::is_transparent が有効で、型を表す場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 これにより Key を構築せずにこの関数を呼ぶことができます。

目次

[編集] 引数

key - 要素と比較するキーの値
x - Key と比較可能な代わりの値

[編集] 戻り値

所望の範囲を示す1組のイテレータを持つ std::pair。 その最初の要素は key より小さくない最初の要素を指し、その2番目の要素は key より大きい最初の要素を指します。

key より小さくない要素がない場合は、最初の要素として終端イテレータ (end() を参照) が返されます。 同様に、 key より大きい要素がない場合は、2番目の要素として終端イテレータが返されます。

emplace およびヒントなしの insert は常に upper bound に挿入するため、ヒント付きの insert または emplace_hint を使用して異なる位置に要素を挿入していなければ、 equal range 内の同等な要素の順序は挿入順になります。 (C++11およびそれ以降)

[編集] 計算量

コンテナのサイズの対数。

[編集]

#include <iostream>
#include <map>
 
int main()
{
    std::multimap<int, char> dict {
        {1, 'A'},
        {2, 'B'},
        {2, 'C'},
        {2, 'D'},
        {4, 'E'},
        {3, 'F'}
    };
 
    auto range = dict.equal_range(2);
 
    for (auto i = range.first; i != range.second; ++i)
    {
        std::cout << i->first << ": " << i->second << '\n';
    }
}

出力:

2: B
2: C
2: D

[編集] 関連項目

指定されたキーを持つ要素を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]
指定されたキーより大きい最初の要素を指すイテレータを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
指定されたキーより小さくない最初の要素を指すイテレータを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]