名前空間
変種
操作

std::map::map

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | map
 
 
 
 
map();

explicit map( const Compare& comp,

              const Allocator& alloc = Allocator() );
(1)
explicit map( const Allocator& alloc );
(1) (C++11以上)
(2)
template< class InputIt >

map( InputIt first, InputIt last,
     const Compare& comp = Compare(),

     const Allocator& alloc = Allocator() );
template< class InputIt >

map( InputIt first, InputIt last,

     const Allocator& alloc );
(C++14以上)
map( const map& other );
(3)
map( const map& other, const Allocator& alloc );
(3) (C++11以上)
map( map&& other );
(4) (C++11以上)
map( map&& other, const Allocator& alloc );
(4) (C++11以上)
(5)
map( std::initializer_list<value_type> init,

     const Compare& comp = Compare(),

     const Allocator& alloc = Allocator() );
(C++11以上)
map( std::initializer_list<value_type> init,
     const Allocator& );
(C++14以上)

オプションでユーザ提供のアロケータ alloc または比較関数 comp を使用して、様々なデータソースから新しいコンテナを構築します。

1) 空のコンテナを構築します。
2) 範囲 [first, last) の内容を持つコンテナを構築します。 指定範囲内の複数の要素が等しいキーを持っている場合、どの要素が挿入されるかは未規定です (未解決の LWG2844)。
3) コピーコンストラクタ。 other の内容のコピーを持つコンテナを構築します。 alloc が指定されない場合、アロケータは std::allocator_traits<allocator_type>::select_on_container_copy_construction(other.get_allocator()) を呼ぶことによって取得されます。
4) ムーブコンストラクタ。 ムーブセマンティクスを用いて other の内容を持つコンテナを構築します。 alloc が指定されない場合、アロケータは other の持つアロケータからムーブ構築によって取得されます。
5) 初期化子リスト init の内容を持つコンテナを構築します。 指定範囲内の複数の要素が等しいキーを持っている場合、どの要素が挿入されるかは未規定です (未解決の LWG2844)。

目次

[編集] 引数

alloc - このコンテナのすべてのメモリ確保に使用されるアロケータ
comp - キーのすべての比較に使用される比較関数
first, last - 要素をコピーする範囲
other - コンテナの要素を初期化するためのソースとして使用される別のコンテナ
init - コンテナの要素を初期化するための初期化子リスト
型の要件
-
InputItLegacyInputIterator の要件を満たさなければなりません。
-
CompareCompare の要件を満たさなければなりません。
-
AllocatorAllocator の要件を満たさなければなりません。

[編集] 計算量

1) 一定。
2) 一般的には N log(N)、ただし N = std::distance(first, last)。 指定範囲が value_comp() によってすでにソートされている場合は N に比例。
3) other のサイズに比例。
4) 一定。 alloc が指定されていて alloc != other.get_allocator() であれば比例。
5) 一般的には N log(N)、ただし N = init.size())。 指定範囲が value_comp() によってすでにソートされている場合は N に比例。

[編集] 例外

Allocator::allocate の呼び出しは例外を投げるかもしれません。

[編集] ノート

コンテナのムーブ構築 (オーバーロード (4)) の後、 other を指す参照、ポインタ、イテレータ (終端イテレータは除く) は有効なまま残りますが、以後 *this 内の要素を指すようになります。 現行の標準ではこの保証は §23.2.1[container.requirements.general]/12 の包括的な文言によってなされていますが、より直接的な保証が LWG 2321 で検討されています。

[編集]

#include <iostream>
#include <string>
#include <iomanip>
#include <map>
 
template<typename Map>
void print_map(Map& m)
{
   std::cout << '{';
   for(auto& p: m)
        std::cout << p.first << ':' << p.second << ' ';
   std::cout << "}\n";
}
 
struct Point { double x, y; };
struct PointCmp {
    bool operator()(const Point& lhs, const Point& rhs) const { 
        return lhs.x < rhs.x; // NB. intentionally ignores y
    }
};
 
int main()
{
  // (1) Default constructor
  std::map<std::string, int> map1;
  map1["something"] = 69;
  map1["anything"] = 199;
  map1["that thing"] = 50;
  std::cout << "map1 = "; print_map(map1);
 
  // (2) Range constructor
  std::map<std::string, int> iter(map1.find("anything"), map1.end());
  std::cout << "\niter = "; print_map(iter);
  std::cout << "map1 = "; print_map(map1);
 
  // (3) Copy constructor
  std::map<std::string, int> copied(map1);
  std::cout << "\ncopied = "; print_map(copied);
  std::cout << "map1 = "; print_map(map1);
 
  // (4) Move constructor
  std::map<std::string, int> moved(std::move(map1));
  std::cout << "\nmoved = "; print_map(moved);
  std::cout << "map1 = "; print_map(map1);
 
  // (5) Initializer list constructor
  const std::map<std::string, int> init {
    {"this", 100},
    {"can", 100},
    {"be", 100},
    {"const", 100},
  };
  std::cout << "\ninit = "; print_map(init);
 
 
  // Custom Key class option 1:
  // Use a comparison struct
  std::map<Point, double, PointCmp> mag = {
      { {5, -12}, 13 },
      { {3, 4},   5 },
      { {-8, -15}, 17 }
  };
 
  for(auto p : mag)
      std::cout << "The magnitude of (" << p.first.x
                << ", " << p.first.y << ") is "
                << p.second << '\n';
 
  // Custom Key class option 2:    
  // Use a comparison lambda
  // This lambda sorts points according to their magnitudes, where note that
  //  these magnitudes are taken from the local variable mag
  auto cmpLambda = [&mag](const Point &lhs, const Point &rhs) { return mag[lhs] < mag[rhs]; };
  //You could also use a lambda that is not dependent on local variables, like this:
  //auto cmpLambda = [](const Point &lhs, const Point &rhs) { return lhs.y < rhs.y; };
  std::map<Point, double, decltype(cmpLambda)> magy(cmpLambda);
 
  //Various ways of inserting elements:
  magy.insert(std::pair<Point, double>({5, -12}, 13));
  magy.insert({ {3, 4}, 5});
  magy.insert({Point{-8.0, -15.0}, 17});
 
  std::cout << '\n';
  for(auto p : magy)
      std::cout << "The magnitude of (" << p.first.x
                << ", " << p.first.y << ") is "
                << p.second << '\n';
}

出力:

map1 = {anything:199 something:69 that thing:50 }
 
iter = {anything:199 something:69 that thing:50 }
map1 = {anything:199 something:69 that thing:50 }
 
copied = {anything:199 something:69 that thing:50 }
map1 = {anything:199 something:69 that thing:50 }
 
moved = {anything:199 something:69 that thing:50 }
map1 = {}
 
init = {be:100 can:100 const:100 this:100 }
The magnitude of (-8, -15) is 17
The magnitude of (3, 4) is 5
The magnitude of (5, -12) is 13
 
The magnitude of (3, 4) is 5
The magnitude of (5, -12) is 13
The magnitude of (-8, -15) is 17

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2193 C++11 the default constructor is explicit made non-explicit

[編集] 関連項目

コンテナに値を代入します
(パブリックメンバ関数) [edit]