名前空間
変種
操作

std::map::insert_or_assign

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | map
 
 
 
 
template <class M>
pair<iterator, bool> insert_or_assign(const key_type& k, M&& obj);
(1) (C++17以上)
template <class M>
pair<iterator, bool> insert_or_assign(key_type&& k, M&& obj);
(2) (C++17以上)
template <class M>
iterator insert_or_assign(const_iterator hint, const key_type& k, M&& obj);
(3) (C++17以上)
template <class M>
iterator insert_or_assign(const_iterator hint, key_type&& k, M&& obj);
(4) (C++17以上)
1,3) コンテナに k と等しいキーがすでに存在する場合は、キー k に対応する mapped_typestd::forward<M>(obj) が代入されます。キーが存在しない場合は、 insert によって行われたかのように、新しい値が value_type(k, std::forward<M>(obj)) から構築されて挿入されます。
2,4) (1,3) と同様ですが、値は value_type(std::move(k), std::forward<M>(obj)) から構築されます。

どのイテレータも参照も無効化されません。 挿入が成功した場合、ノードハンドルに保持されている間に取得された要素へのポインタおよび参照は無効化され、抽出する前に取得された要素へのポインタおよび参照は有効なまま残されます。 (C++17以上)

目次

[編集] 引数

k - 検索および見つからなかった場合の挿入の両方に使われるキー
hint - 前に新しい要素が挿入される位置を指すイテレータ
obj - 挿入または代入する値

[編集] 戻り値

1,2) bool 部分は、挿入が行われた場合は true、代入が行われた場合は false になります。 イテレータ部分は、挿入または更新された要素を指します。
3,4) 挿入または更新された要素を指すイテレータ。

[編集] 計算量

1,2) emplace と同じ。
3,4) emplace_hint と同じ。

[編集] ノート

insert_or_assignoperator[] より多くの情報を返し、マップされる型のデフォルト構築可能性を要求しません。

[編集]

[編集] 関連項目

指定された要素にアクセスまたは挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
(C++11)
境界チェック付きで指定された要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
要素またはノード (C++17以上)を挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
(C++11)
要素をその場で構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]