名前空間
変種
操作

std::list::back

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | list
reference back();
const_reference back() const;

コンテナの最後の要素への参照を返します。

空のコンテナに対する back の呼び出しは未定義です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

最後の要素への参照。

[編集] 計算量

一定。

[編集] ノート

コンテナ c に対して、式は return c.back();{ auto tmp = c.end(); --tmp; return *tmp; } と同等です。

[編集]

以下のコードは back を使用して std::list<char> の最後の要素を表示します。

#include <list>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::list<char> letters {'o', 'm', 'g', 'w', 't', 'f'};
    if (!letters.empty()) {
        std::cout << "The last character is: " << letters.back() << '\n';
    }  
}

出力:

The last character is f

[編集] 関連項目

最初の要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]