名前空間
変種
操作

std::forward_list::emplace_after

提供: cppreference.com
 
 
 
 
template< class... Args >
iterator emplace_after( const_iterator pos, Args&&... args );
(C++11以上)

新しい要素をコンテナ内の指定された位置の後に挿入します。 要素はその場で構築されます。 つまりコピーもムーブも行われません。 要素のコンストラクタはこの関数に供給されたものとまったく同じ引数で呼ばれます。

どのイテレータも参照も無効化されません。

目次

[編集] 引数

pos - 後に新しい要素を構築するイテレータ
args - 要素のコンストラクタに転送される引数

[編集] 戻り値

新しい要素を指すイテレータ。

[編集] 計算量

一定。

[編集] 例外

例外が投げられた場合 (例えばコンストラクタによって)、この関数が呼ばれなかったかのように、コンテナは変更されません (強い例外保証)。

[編集] 関連項目

要素の後に要素を挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]